人材不足の日本企業が求職者に求めるのは「ソフトスキル」よりも「ハードスキル」

人材不足の日本企業が求職者に求めるのは「ソフトスキル」よりも「ハードスキル」

  • @DIME
  • 更新日:2019/05/23
No image

「ヘイズ アジア給与ガイド 2019年版」で実施したアジア5ヵ国・地域の5171人の社会人調査の結果によると、日本企業が求職者に最も求めるスキルは精神的な姿勢などのソフトスキルよりも、技術的なノウハウなどのハードスキルであることが明らかになった。

人材不足の日本企業が求職者に求めるのは?

雇用主の59%がソフトスキルよりもハードスキルを持った求職者を採用する傾向。求められる主なハードスキルは、語学力(62%)、プロジェクト管理(54%)、統計分析とデータマイニング(50%)。

ソフトスキルで企業が最も望んでいるのは問題解決能力(57%)、チームワーク構築能力(54%)、コミュニケーション能力(52%)。一方、最も重視しなかった能力は細部への気配り(11%)、時間管理能力(13%)。

雇用主が全体的に関心を示さなかったのがコーディング能力(5%)、ソーシャルメディア管理(5%)、ウェブアーキテクチャおよび開発フレームワーク(7%)などのスキル。

ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、マーク・ブラジ氏は、この結果について次のようにコメントしている。

「業界や職務は進化し拡張しており、求められるスキルも常に変化しています。求職者は、これを念頭に置いて進歩する業界と歩みを共にし、常にスキルアップを図り、また必要に応じて新しいスキルを身につけて自らを高めることで、競争力を維持し、採用市場で存在感を発揮することができます」

調査概要
調査期間2018年9月~10月
調査方法 インターネット
回答者   5171人(中国、香港、日本、シンガポール、マレーシア)うち、日本の回答者は649人

構成/ino

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
G20農業大臣会合で無人トラクター「さなえ」に世界が注目
味の素が"16時半退社"の次に目指すもの
五輪マンションの晴海フラッグ、プロが「買い」をためらう3つの理由
ダイハツの DNGA エンジンは、タンブルとEGRを強化...ダイハツ タント 新型に搭載へ
もはや二輪車!最大時速48kmの強力電動アシスト自転車「SMUG Cycles」がやって来た
  • このエントリーをはてなブックマークに追加