広島・鈴木、2戦連発の2ランで先制 直前には好守も

広島・鈴木、2戦連発の2ランで先制 直前には好守も

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/15
No image

4回、先制2ランを放つ鈴木(撮影・吉澤敬太)

「広島-巨人」(11日、マツダスタジアム)

広島が、鈴木の2試合連続25号2ランで先制した。

広島は四回、先頭の菊地が右前にポトリと落ちる二塁打で好機を作り、1死後に鈴木が左翼席へ特大の2ランを放った。これで打点もリーグトップの87とした。

4番打者は「積極的にいけて良かったです。良い先制点になりました」と振り返った。

5月21日・中日戦以来の先発・福井が四回、2死から連打で一、二塁のピンチを招いたが、亀井の右中間への打球を鈴木が好捕していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヤクルト、真中監督に続投要請へ 受諾は不透明
スカウトが選んだ夏の甲子園ベストナイン。このうちドラフト指名は?
なぜ今夏の甲子園はボールが飛ぶのか。本塁打増を解明する3つの仮説
明豊・溝上投手 けがを克服、ベンチ入り ライバルと対決夢託す
野村ジェームス4強弾!花咲徳栄、埼玉勢初Vへ打倒・東海大菅生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加