神戸ポドルスキは練習試合欠場 リーグ戦再開後の初戦も出場困難

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/11/12

J1神戸は11日、神戸市内で関西1部のアルテリーヴォ和歌山と練習試合(40分×2)を行い、3-1で勝利した。元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキ(32)はW杯公式球の発表イベント出席のため、クラブの了承を得てロシアを訪れており、試合を欠場した。

ポドルスキは右足に痛みを抱えながら、10月25日の天皇杯準々決勝・鹿島戦にフル出場。吉田監督によるとMRI検査の結果、ふくらはぎと内転筋に問題が見られたため、別メニュー調整が続いているという。リーグ戦再開となる18日の広島戦については「本人と話をしながら」としたが、2週間以上実戦から遠ざかっており出場は困難な状況となった。

ポドルスキは12日から再合流し、チームがオフとなる13日も休日返上で調整に励む予定という。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
イブラ、驚異の回復力。モウリーニョが招集認める。ポグバ&ロホもメンバー入り
“天才”小野伸二に海外メディア注目 中田英寿らに並ぶ「日本サッカー界のレジェンド」
監督が記者に「黙れ!」4連発の“ブチ切れ会見”が話題 英メディア「史上最高の激怒か?」
靴ひもを自由に通せる画期的な新スパイクをプーマが発表
航空機墜落事故のシャペコエンセ、ブラジル1部残留決定
  • このエントリーをはてなブックマークに追加