フィリピンの一時的貧困、10人に4人が貧困の罠から抜け出せず

フィリピンの一時的貧困、10人に4人が貧困の罠から抜け出せず

  • 政治山
  • 更新日:2016/10/19
No image

フィリピンの10人に4人が、貧困の罠から脱却できていない。過去数年にわたる輝かしい経済成長の影で、外的なショック(病気や事故など)が起きればたちまち貧困に逆戻りしてしまう人々が、国民の半数に迫ろうとしている。

これはアジアマネジメント研究所(AIM)が発表した研究成果で、フィリピンが東南アジアでミャンマーに次いで高い貧困率に甘んじている影の部分を如実に示した結果だ。

研究成果を踏まえて同研究所は、経済成長が持続的かつ万人が恩恵を受けることができるものである必要があるとしている。

参照記事:4 in 10 Filipinos caught in vicious cycle of poverty
http://www.chinapost.com.tw/asia/philippines/2016/08/26/476585/4-in.htm

提供:The Povertist

Author: Ippei Tsuruga

The Povertist編集長。国際協力機構(JICA)を経て、国際労働機関(ILO)社会保障政策担当官。開発途上国の貧困問題と貧困層向け社会政策のスペシャリスト。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
恐竜を絶滅させた巨大隕石の謎 最先端研究の“答え合わせ”はこれから
生物と地球の歴史をフットボールフィールドを使って説明!
新種鉱物「ブンノアイト」と命名 高知の山中で発見
脳に電気刺激を与えて忘れた短期記憶を再生することに成功
米中の宇宙開発競争が激化、真の「勝ち組」は日本―米メディア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加