明徳義塾、36年ぶり2度目の神宮大会優勝 創成館は初出場初優勝ならず

明徳義塾、36年ぶり2度目の神宮大会優勝 創成館は初出場初優勝ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

◇第48回明治神宮野球大会・高校の部 決勝 明徳義塾4―0創成館(2017年11月14日 神宮)

No image

明治神宮野球大会 高校の部決勝<創成館・明徳義塾>力投する明徳義塾先発の市川

2年連続7回目の出場となった四国王者の明徳義塾が初出場の創成館(長崎、九州大会優勝)を下し明徳高校時代の1981年以来、36年ぶり2度目の優勝を果たした。馬淵史郎監督は初優勝。

明徳は初回に安田陸(1年)の適時打で先制。3回にはスクイズ、7回にも藤森涼一(2年)の2点適時打で貴重な追加点を挙げた。投げては初戦、準決勝と完投勝ちしているエース市川悠太(2年)が完封。3試合すべて投げ切って優勝をもたらした。

創成館は準決勝で近畿王者の大阪桐蔭を破り初出場で決勝に進んだが、市川の前に4安打に抑えられた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DeNA5位桜井メラッ、清宮から5Kプロでも勝負
埼玉4冠の昌平とプリンス中国首位の広島皆実が1回戦で激突!悔しい思いしてきた実力派2校による注目対決に
草津東が劇的勝利で3年ぶり全国選手権へ...初戦は王者・青森山田と対戦:滋賀(20枚)
甲子園塾始まる 花咲徳栄・岩井監督「指導者はもっと外に出るべきだ」
来夏甲子園、神奈川は「南北」で2校出場 記念大会に強い横浜は南に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加