最新ランキングをチェックしよう
明徳義塾、36年ぶり2度目の神宮大会優勝 創成館は初出場初優勝ならず

明徳義塾、36年ぶり2度目の神宮大会優勝 創成館は初出場初優勝ならず

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/11/14

◇第48回明治神宮野球大会・高校の部 決勝 明徳義塾4―0創成館(2017年11月14日 神宮)
 「第48回明治神宮野球大会」高校の部の決勝が14日、神宮球場で行われ、四国代表の明徳義塾が九州代表の創成館を下して、初出場初優勝した1981年以来36年ぶりの優勝を果たした。
 明徳義塾は初回、創成館先発の長身左腕・七俵を攻め、2死一、三塁から5番・安田が左前へ適時打を放って先制。3回には6番・中隈

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北大阪は激戦必至!昨春センバツの2強が激突!南は混戦模様!【2代表制大会展望】
【高校野球】決定間近、センバツ出場校大予想 気になるあの地区の出場校は?
“幻弾”連続の東海大熊本星翔、初勝利にあと一歩届かず(20枚)
箱根駅伝3年連続総合2位の東洋大、5年ぶり総合優勝奪還誓う
無情にもオフサイド判定...東海大熊本星翔FW一怜哉は悔し涙(4枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加