高校選手権史に残る“トリックFK”が海外で再び脚光 「二重壁を使う奇妙なフリーキック」

高校選手権史に残る“トリックFK”が海外で再び脚光 「二重壁を使う奇妙なフリーキック」

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/13
No image

2015年度大会決勝での東福岡高校のFK弾をスペイン紙が改めて紹介

全国高校サッカー選手権大会と言えば日本サッカー界の冬の風物詩で、今年もこれから年末にかけて各地で出場権を争う熾烈な予選が行われる。そんな高校生たちが憧れる大舞台で過去に生まれたスーパーゴールが、海外メディアで再び話題となっている。

日本の高校生が仕掛けた“奇策”を取り上げて紹介しているのは、スペイン紙「AS」電子版。「日本のチームが“二重壁“を使う奇妙なフリーキック」と題し、2015年度大会で優勝した東福岡高校のトリックプレーを動画付きで紹介している。

このプレーが生まれたのは、2016年1月11日に行われた第94回全国高校サッカー選手権の決勝戦だった。東京A代表の國學院久我山高校を相手に1-0とリードを奪って迎えた後半2分、東福岡はゴールまで約20メートルという絶好の位置でFKを獲得。この場面で赤いユニフォームの東福岡の選手は、國學院久我山の壁の前に3人を立て、さらに壁とキッカーの間では3選手が肩を組んで立った。

歩幅を合わせて一歩ずつゆっくりと下がると、4歩目を踏んだ瞬間に合計6人の東福岡の選手は一気にしゃがみこみ、当時3年生のMF中村健人(明治大学)がシュート。視界を遮られた久我山GKと壁役は反応が遅れて、ボールはゴール左隅に吸い込まれた。

「ルール上認められているのか?」の声も

記事では、この異質なFKについて「日本のユースゲームで型にはまらないFK。3人の選手はキッカーと壁の間に立ち、後方へステップを踏み、ひょいとしゃがみこんだ」と紹介。さらに「これはルール上認められているのか?」とも指摘している。

このプレーは当時から海外メディアで大きく取り上げられていたが、1年10カ月が経過した今、改めて注目を集めているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
100点目メッシに最高点
元スポーツ選手の国会議員はこれだけ国会に送り込まれている
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
カバーニがネイマールとの関係について「友人になる必要なんてない」ときっぱり
ロンドン金の元米体操選手、チームドクターからの性的被害告白
  • このエントリーをはてなブックマークに追加