テレビマンがメロメロ!本田翼と永野芽郁が「新“タメ口”女王」になっていた

テレビマンがメロメロ!本田翼と永野芽郁が「新“タメ口”女王」になっていた

  • アサ芸プラス
  • 更新日:2019/09/24
No image

秋吉久美子(65)や藤谷美和子(56)、沢尻エリカ(33)といった女優たちに共通するのは相手選ばず、自分の言葉で話す「タメ口」にあるといっても過言ではない。今やそんな女優はすっかり少なくなっているのかと思えばさにあらず。旬の女優たちの間でも「処世術」になっていると関係者たちの証言を集めているのは、9月24日発売の「週刊アサヒ芸能」10月3日号だ。

中でも現役女優の「タメ口女王」といえば、「本田翼と永野芽郁にトドメを刺す」と証言するのは、さる芸能記者だ。続けてもらおう。

「大御所が相手でも、基本的に敬語は使いません。14年に笑福亭鶴瓶(67)が司会を務める『A‐Studio』(TBS系)に出演した時は、『旅行に興味ない、わかる?』、『(ドラマの現場に)ねぇ~、馴染みたいねぇ』などフレンドリーな発言を連発。鶴瓶から『友達やないからな』とツッコミを入れられていました」

それでも鶴瓶に怒る様子はなく、番組終盤には「翼は好かれる」と人間性を絶賛するのだった。

対する永野も負けてはいない。アサヒ芸能10月3日号でその全貌を詳報している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ローラ“ひっそり”CM降板...後釜の菜々緒に「マジでうれしい」の声
杉浦太陽、台風後やっとの帰宅報告に批判殺到「行方不明の人もいるのに幸せアピールしんどい」
木下優樹菜の恫喝DM騒動で夫・フジモンも廃業危機! 関係者は「若手にシフトするきっかけに」
misono、病名告白への批判に反論も、ネット上から「病気が叩かれてるわけじゃない」と論点噛み合わず
リーチ・マイケルの顔マネは今後NGに? 「差別的表現」見直しで”ものまね番組”が変わる!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加