『アイアンマン』をお手本にしたジェット・スーツがギネス世界記録を樹立

『アイアンマン』をお手本にしたジェット・スーツがギネス世界記録を樹立

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2017/11/13
No image

Image: © Guinness World Records 2017. All rights reserved. viaGuinness World Records/YouTube

飛行距離と速度で世界一です。

マーベルヒーローの『アイアンマン』に影響され、実際に飛行できるスーツを作ろうと試行錯誤を繰り返してきた、グラヴィティー・インダストリーズのリチャード・ブロウニングさん。

その様子はずっとYouTubeに公開し続けてきたのですが、その努力が実を結び、彼のジェット・スーツがギネス世界記録で世界一になりました。カテゴリーは「ボディー・コントロールド・ジェット・エンジン・パワード・スーツ最速部門」という、おそらくこのために新設されたものでしょうね。

ではGuinness World Recordsより、ジェット・スーツが100mの距離をスィーっと飛行する様子をご覧ください。

こんな小型のジェット・エンジンで人が空が飛べるんですね。

飛行速度は、測定のための最低速度を超える時速51.53 kmをマーク。スーツには重さ22kgのマイクロ・ガス・タービンが6個装着されており、燃料は灯油を使うとのこと。コントロールに装置などはなく、腕や身体の傾きのみで操ります。

リチャードさんはこのスーツを着るために強靭な肉体作りにも励んでおり、ただ着ただけでは飛べないシロモノなのです。

彼は記録を獲ったこともですが「このユニークな発明が世界に認められて嬉しい」と二重の喜びを表しています。今後は翼を加えて低燃料で長く速く飛ぶことを計画中だとか。

こんな発明はなかなか真似できるものではないと思うので、しばらくの間この記録は破られないでしょうね。改造後のチャレンジが楽しみです。

Image: © Guinness World Records 2017. All rights reserved. viaYouTube
Source: YouTube(1,2),Gravity IndustriesviaGuinness World Records

岡本玄介

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森川美穂、子育て経て再び歌手活動を本格化 セルフカバーベストで新境地
LOVEBITES、初単独公演で超満員のオーディエンスを前に圧巻のパフォーマンス
22/7、結成1周年記念クリスマスイベント開催決定!
井上陽水、自身が作詞した「安全地帯」の名曲の秘話を明かす
「あれ、声が違う......?」安室奈美恵の新ベストアルバムが“困惑と絶賛”の真っ二つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加