日馬富士は4勝目、松鳳山を張り手と突きで追い込む「落ち着いていた」

日馬富士は4勝目、松鳳山を張り手と突きで追い込む「落ち着いていた」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/16
No image

松鳳山を寄り切りで下した日馬富士(左)=両国国技館(撮影・出月俊成)

「大相撲秋場所・7日目」(16日、両国国技館)

横綱日馬富士(伊勢ケ浜)は前頭4枚目の松鳳山(二所ノ関)を寄り切りで下し4勝3敗となった。

日馬富士は「ただ相撲を取ろうと思った」と無心で白星先行。張り手と突きで松鳳山を追い込み、寄り切った。「自分の動きを確かめながら、落ち着いていた」と集中。トップと2差は十分に逆転優勝圏内にある。

「余計なことは考えない。考えても変わらない。自分の相撲に集中」と自らに言い聞かせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
豪栄道、日馬と楽日V決戦へ!12勝Vなら来場所「綱とり」/秋場所
豪栄道 単独トップの3敗死守 史上2度目のカド番Vへ本割で勝つ
日馬富士4敗死守、逆転優勝へ豪栄道と千秋楽対決
阿武咲が新記録王手! 新入幕から3場所連続2桁星へ
日馬富士、一人横綱の意地!逆転Vへ「気合入る」/秋場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加