稀勢の里が横綱初の巡業「やれることをやるだけ」

稀勢の里が横綱初の巡業「やれることをやるだけ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/11
No image

白鵬と話す稀勢の里(撮影・佐々木隆史)

大相撲夏巡業が10日、茨城・日立市で行われ、左足首などの負傷で休場していた横綱稀勢の里(31=田子ノ浦)が横綱昇進後初めて巡業に参加した。

名古屋場所を途中休場して以来となる公の場。待ちわびたファンから大歓声を浴び、四股やテッポウなど軽めの運動で調整した。稽古中に白鵬に声をかけられ、笑顔で答える場面もあった。白鵬は「力強い味方が来ましたね」と歓迎しつつ「肌ツヤがいいね。どこにも出てないから。私はむけた」と巡業中の日焼けで、皮がむけた肩を見せた。遅れを取り戻したい稀勢の里だが「やれることをやるだけ」と焦りはない。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阿武咲が高安に7戦全勝「足も良く動いていた」
稀勢の里「欲が出たかも」青森で13年前に思い馳せ
遠藤、左足首を手術していた 秋場所の復帰目指す
稀勢の里 スリム化ボディーをアピール「自然と絞れてきた 顔も引き締まったでしょ」
豪栄道「何キロ出るやろ」18日の初始球式心待ち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加