三菱自会長にゴーン氏就任へ 日産主導で経営再建

三菱自会長にゴーン氏就任へ 日産主導で経営再建

  • テレ朝news
  • 更新日:2016/10/20
No image

燃費データ改ざん問題で経営立て直しを急ぐ三菱自動車の会長に、日産自動車のカルロス・ゴーン社長が就任することが固まりました。

関係者によりますと、益子修会長兼社長に代わり、日産のゴーン社長が三菱自動車の会長に就任し、ゴーン氏は引き続き日産のトップも務めます。また、社長についてはゴーン氏が益子氏に留任を要請し、益子氏も受け入れる意向を固めたということです。人事案は20日に発表される見通しです。日産は、三菱自動車の株式の34%を取得して傘下に収める予定で、ゴーン氏自ら指揮を執り、三菱自動車の再建を目指すことになります。また、出資に伴って新たに日産側から4人の取締役が送られることも決定しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
国の借金1062兆円 「国民1人当たり837万円」の誤解
シトロエンの超個性派SUV『C4カクタス』が日本上陸
ろうそく灯を再現、「ゆらぎ機能」搭載オレンジLED提灯
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
町田市(の一部)、本当に神奈川県になる...ネタでもデマでもなく、本当の話です
  • このエントリーをはてなブックマークに追加