K-1で山崎秀晃と激突する中澤純「確かに強かった。でも時代は動いてる」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2018/05/21
No image

スーパーファイトで山崎秀晃と激突する中澤純(C)M-1 Sports Media

「K-1 WORLD GP 2018 JAPAN~第2代フェザー級王座決定トーナメント~」(6月17日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナ)のスーパーファイトで山崎秀晃(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)と激突する中澤純(TEAM Aimhigh)が16日、「確かに強かった。でも時代は動いている」と、山崎に通告した。

中澤はオファーを受けて「やっと来たというか、おっしゃ!と思いました」と、待望の対戦であることを明かした。同階級で先行していた山崎を「ずっと意識するものはあった」という中澤は、2016年に「(次は)山崎選手と試合かもしれないと言われて」いたといい、会見でも山崎の名前を出していたが、当時は実現に至らなかった経緯がある。

翌17年、中澤はKrushスーパーライト級王者となってステータスを上げ、山崎は17年4月のゲーオ・ウィラサクレック戦を最後に長期欠場して今回が1年3カ月ぶりの復帰戦。中澤は「山崎選手、確かに強かったと思います。でも時代は動いてるし、これからは僕がしっかりとK-1を引っ張っていく」と豪語した。

山崎戦の先には「ここで勝ったら次はタイトルマッチだと思っています」と、野杁正明が保持するK-1 WORLD GPスーパーライト級王座を見据えている。中澤は「けっこう僕、PCDAサイクル(PLAN=計画、DO=実行、CHECK=評価、ACT=改善)がうまいんだなと思う。こう見えても、ちゃんと頭を使っているんだぞ、と」と“頂上作戦”を着々と進めている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ヨコヅナ アメリカ人が考えた“相撲レスラー”――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第83話>
世界選手権金メダルの古賀 ドーピング検査で陽性反応 暫定で資格停止処分
AJ対中邑4度目のWWE王座戦はWWE史上最も過酷なルールを中邑が選択!
競泳の古賀淳也がドーピング陽性、アジア大会出場取り消し
『瓜田純士に勝ったら10万円』衝撃の結末──! “キングオブアウトロー”のいちばん長い日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加