曽和利光の「性格と採用」|【第3回】大きな仕事や起業で成功するような人の特徴

曽和利光の「性格と採用」|【第3回】大きな仕事や起業で成功するような人の特徴

  • @人事
  • 更新日:2016/11/30
No image

「一体どのような人が、世の中をあっと言わせるような大きな仕事を成し遂げる人なのかを知りたい」。そう思う採用の仕事をしている人は多いのではないでしょうか。私も何度となく、いや、これまでずっとと言ってもよいかもしれませんが、このテーマを考え続けてきました。もちろん、答えなど簡単に定まるはずもありません。大成功者の特徴を考えても、まるで正反対の性格や能力の人が、双方とも大仕事をしているケースは枚挙に暇がありません。「これ」という共通点はないのではないかと感じています。

ところが、いろいろ諦めずに調べていて気付いたことがあります。どうもこれはまずまずの大成功者たちに当てはまるのではないかということです(とは言っても、これも単なる経験則でしかありませんが)。それは、個々人のパーソナリティ(性格や能力)ではなく、ある経験の有無だと考えています。その経験とは、ずばり死の実感です。当然ながら人間は誰でも有限の生命しか持ち合わせていません。誰もがいつか必ず死にます。それを理解はしているのですが、「実感」をしているかというと、それは人によって異なります。若くて心身壮健であれば、それだけ死を実感するのは難しいかもしれません。しかし年齢を重ねて自身の心身の衰えを感じれば、人は徐々に死を「実感」することになります。

大成功者達の経歴をつぶさに観察していくと、この「死の実感」を若くして経験していることが多いことに気づきます。ソフトバンクの孫正義さんも20代で大病をして死の淵をさまよったと聞きますし、楽天の三木谷浩史さんも起業のきっかけは阪神大震災で身近な人がお亡くなりになったことの影響があったと言います。これ以外にも、様々な大成功者の人の話を聞くと、どこかで「死の実感」をせざるをえないような経験をしていることが多いのです。自身の身体問題、近親者の死、戦争、犯罪……などなど。よく、名経営者になるには「投獄」「戦争」「大病」のいずれかを経験しなくてはならない(?)という話も聞きますが、同根の話ではないかと思います。

さて、ではなぜそのような「死の実感」が大成功者を生み出すことがあるのでしょうか。いろいろな解釈がありそうですが、私の仮説はこうです。それは「死の実感」によって、人は自分というものの範囲を拡張するからではないかということです。ふつうは、人は物理的な肉体で囲われた個体を自分として認識します。しかし、「死の実感」を持つことによって、その定義での自分は、どんなことをしようとも滅亡してしまうことを深く認識します。そこに待っているのは絶望です。どんなにお金を稼ごうが、名声を得ようが、死んでしまえばそれでおしまいです。

しかし、その絶望から抜け出す方法があります。それが「自分の拡張」です。どこまでが自分なのかということを、物理的な肉体を持つ個体のレベルから広げていくということです。よくあるのは家族です。私も子どもが生まれた時、自分の命が後の世代につながった気がしました。子どもまでも含めて「自分」だと認識することで、自分が拡張したわけです。他にも、ある種の信念や思想に拡張する人もいますし、国や民族に拡張する人もいます。起業家にとっての会社組織などもそうでしょう。つまり、逆接的に聞こえるかもしれませんが、自分よりも大きなもの、自分よりも長く生きるものの一部になることで、命を延長することになるのです(実際には「そういう気持ちになる」ということですが……)。

世の中で大きな仕事をした大成功者は、もしかすると、「世の中」が自分になっているのかもしれません。人間は、自分のしたいことしかしないという意味においては全員利己的な存在です。世の中にまで自分が拡張していけば、世の中のためにすることは、自分のためにすることになります。世の中に残した功績は、自分が生きた証です。それは、子どものためだったら自分の命を投げ出しても構わないと思う親の心のようなものなのかもしれません。私は、残念ながらまだその域には達していません。ただ、人の親ではありますし、小さいながら創業した会社の社長ではありますので、少しは想像できる気がします。「自分を何かの一部にする」。皆さんは、どのような自分より大いなるものの一部になれるでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
道具は必要ナシ!気持ちいい「ひとりエッチ」ができる4アレンジ
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
史上最強の消防車「ビッグウィンド」はロボットアニメ顔負けのデザイン...湾岸戦争などで活躍
1万4千円の婚約指輪を店員に笑われ......花嫁の返答が話題に
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加