運転しながらスタバのコーヒーをオーダー! GMが自動車業界初のコマースプラットフォームを解禁

運転しながらスタバのコーヒーをオーダー! GMが自動車業界初のコマースプラットフォームを解禁

  • Techable
  • 更新日:2017/12/06
No image

技術の賜物か、ニーズの変化によるものか。近年の自動車の進化には、目を見張るばかりだ。単なる交通手段から、快適性と利便性を備えた移動ツールに、生まれ変わろうとしている。

大手自動車メーカーGM(ゼネラルモーターズ)の提供するサービスは、実に便利だ。つい先日、自動車業界初となるコマースプラットフォームを解禁。車両搭載型コンピューターを介して、安全に手早く、商品の注文やオンデマンド予約ができるようになった。

・画面のアイコンから店舗を選択

No image

このプラットフォームは、運転席中央部のコンピューターに内蔵。画面に表示されているアイコンから店舗を選んで、オーダーするシステムだ。コーヒーの注文から、ホテルの予約、レストランのテーブルチャージまで、車の中からすべて指一本で実行できるというわけだ。

現在提携しているのは、スターバックス、ダンキンドーナツをはじめ、Wingstop、TGI Friday、Shell、ExxonMobil、Priceline.com、Parkopedia、IHOP、Delivery.comなど多数。GM自体もベンダーとして参加しており、部品の交換依頼や、各種割引など、自社サービスをここから提供している。

システムは機械学習によって、ドライバーの位置を手掛かりに、最も近い店舗やガソリンスタンドを検索する。急な燃料補給や食料調達にも、十分対応可能だ。

・今後400万台に展開予定

No image

本プラットフォームは、2017・2018年モデルのChevrolet、Buick、GMC、Cadillac搭載の車両中央コンピューターに適用されるとのこと。今後12~18か月を目処に、400万台のGM車両で展開する予定だ。

日本への上陸も期待したいところだが、今は歩きスマホやながら運転に対する規制が、ますます厳しくなっている状況。その分、簡単にはいかないかもしれない。

General Motors Official Global Site

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SONYのサウンドバー、AppleTVに男泣き
高機能なのに、めちゃお買い得!なコスパ時計9選
煙突のような縦長PCケースの最新型がPhanteksから発売
1兆ドルの物流業界の未来を、ブロックチェーン技術に賭けるUPS
ポルノの主戦場が雑誌・DVDからオンラインへと進化することよって環境負荷が上がっている可能性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加