レギュラーガソリン141.9円、4か月間上昇続く

レギュラーガソリン141.9円、4か月間上昇続く

  • レスポンス
  • 更新日:2018/01/11
No image

レギュラーガソリン実売価格(「e燃費」調べ)

もっと画像を見る
資源エネルギー庁が1月11日に発表した石油製品の店頭小売価格週次調査によると、1月9日時点でのレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均価格は、前々週比0.2円高の141.9円だった。

レギュラーガソリンの平均小売価格は9月11日の131.3円以来、4か月間、一度も値を下げていない。

地域別では四国で0.5円、近畿と九州・沖縄で0.4円、中国で0.3円、東北で0.2円、関東で0.1円値上がり。中部と北海道は前々週と同価格だった。またハイオクガソリンは152.6円、軽油は119.8円、ともに前々週より0.2円高だった。

60万人の会員を持つガソリン価格投稿/愛車燃費管理サービス「e燃費」によると、1月11日のレギュラーガソリンの全国平均購入価格は134.4円/リットル(前週比+0.5円)、ハイオクは144.1円/リットル(+0.1円)、軽油は108.8円/リットル(+0.1円)だった。

なお資源エネルギー庁による平均値は「販売」価格の平均であるのに対し、e燃費は「購入」価格の平均。現実の購入でユーザーは安い価格を指向するので、購入価格平均は販売価格平均より安くなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
メルセデス GLC 初の改良モデル、デジタルコックピットを最速スクープ
ラーメンからステーキへ 幸楽苑の「いきなり」業態変更へ各社注目
大変革の自動車業界、タイヤメーカーにとってピンチかチャンスか
ホンダ『オデッセイ』に搭載された最上級シート「プレミアムクレードルシート」の真実
  • このエントリーをはてなブックマークに追加