日印首脳会談 北朝鮮に対し「圧力最大化を」

日印首脳会談 北朝鮮に対し「圧力最大化を」

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/09/15
No image

動画を見る(元記事へ)

インドを訪問した安倍総理大臣は、モディ首相との会談で、北朝鮮に対する圧力を最大化させるため連携していくことを確認しました。

北朝鮮に対しては最も強い言葉で非難するということで一致し、安倍総理は一段と言葉を強めました。
安倍総理大臣:「北朝鮮に政策を変えさせなければならない。そのことをモディ首相とともに世界に訴えたい。かかる考えでモディ首相と完全に一致しました」
共同声明では、北朝鮮の核・ミサイル開発は「重大かつ現実の脅威」として、計画の放棄を要求しました。また、日本の新幹線方式を導入するインド初の高速鉄道やインフラ整備などに向けて1900億円の円借款(えんしゃっかん)を行うことで署名しました。会談のなかで安倍総理は、インドが計画する他の6路線でも新幹線方式の採用を売り込みました。安倍総理は、今回の共同声明を「日印新時代の道しるべ」と高く評価しました。政治・経済で存在感を増すインドとの強い関係がアジア、そして、世界での日本の影響力強化につながります。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【森友問題】大阪地検、財務省を背任罪等の容疑で捜査へ...安倍首相の関与解明も
「稲田朋美」とは何だったのか?もてはやされた「保守政治家」の凋落
軽視できない!小池都知事の元に「いざ、鎌倉へ」
「希望の党」に駆け込むみっともない政治家たち
【衆院解散】安倍晋三首相「批判の応酬では希望生まれない」 小池新党牽制し、対決姿勢鮮明に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加