山﨑賢人「祐樹の気持ちと歌詞がリンクして、胸が熱くなった」映画『一週間フレンズ。』予告編が解禁

山﨑賢人「祐樹の気持ちと歌詞がリンクして、胸が熱くなった」映画『一週間フレンズ。』予告編が解禁

  • EntamePlex
  • 更新日:2016/12/01
No image

川口春奈と山﨑賢人がW主演を務める映画『一週間フレンズ。』。このたび、本作の予告編映像が解禁となった。

高校2年の春、長谷祐樹(山﨑)は、藤宮香織(川口)に初めて会ったその日から恋に落ちた。まずは友達からとアピールを続ける祐樹だったが、香織の答えは「無理」。それでもめげずに「友達になってください!」と伝え続ける真っ直ぐな祐樹。そんなある日、祐樹は、“友達の記憶”を一週間で失ってしまう香織の記憶障害という事実を知る。彼女は、友達をつくることを拒み、一人で過ごす学校生活を選んでいたのだ。事実を知った祐樹だったが、香織のそばにいたいと願い、交換日記をやろうと提案する。真っ直ぐな祐樹の姿に少しずつ心を開いていく香織。そんなある日、香織の秘密を知る転校生が現れて……というストーリーが繰り広げられる本作。

今回公開された予告編では、駅のホームで祐樹が“恋に落ちてしまう瞬間”を見事に演じきった川口と山﨑の表情が独特かつ魅力的なシーンを垣間見ることができる。祐樹の脳裏にやきつく香織の笑顔は、“恋する男子”の甘酸っぱい物語を予感させる透明感溢れる映像となっている。

そして、「何度でも言い続けるから! 友達になってくださいって!」というひた向きな祐樹に、香織も徐々に心を開き、交換日記をはじめた2人のドキドキの毎日は青春そのもの。少しずつ距離を縮めていく一方で、香織の記憶障害に関する“秘密”を知る謎の転校生・九条一(上杉柊平)が現れ、次第に変化を示す香織。果たして九条は何を知っているのか、香織の過去には何があったのか。

優しい青春カットとともに、ストーリーの急展開を予想させる切なすぎる新映像も満載となっている。

そんな映像をドラマチックに盛り上げるのは先日解禁となった主題歌であるスキマスイッチの「奏(かなで)for 一週間フレンズ。」。そのまっすぐな歌詞に山﨑も「祐樹の気持ちと歌詞がリンクして、胸が熱くなった」と語っている。楽曲と映像のコラボレーションはエンディングへ向け一気に想いが加速していき、香織との絆である大切な交換日記を火の中に投げ入れる祐樹の目には涙が……! 雨の中を疾走する祐樹の向かう先には!? 記憶を失った香織の“秘密”とは――。

真っ直ぐな思いが通じ次第に距離が縮まっていく2人のキュンキュンな本編映像と、強い想いの先に2人の未来を信じたくなる、「一週間で友達の記憶を失くしてしまう彼女」と

「彼女と毎週友達になると決めた僕」の真っ直ぐで特別な恋物語、映画『一週間フレンズ。』は、2017年2月18日(土)より全国ロードショー。

©2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
大橋トリオが“本人役”として出演&主題歌を担当。大人の青春映画「Amy said」2017年秋公開決定
ローラがミラ・ジョボビッチに銃を向ける!「バイオ」完結編、緊迫の初登場シーン
芸能ジャーナリストによるサテライト・アワード!テレビ部門ノミネーション
恋愛映画の匠・行定勲が語る「日活ロマンポルノのエロスと哀愁」
12月9日の注目映画第1位は『キセキ -あの日のソビト-』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加