【速報】MONOEYES、スタジオコースト2日目を人生の打ち上げと化す

【速報】MONOEYES、スタジオコースト2日目を人生の打ち上げと化す

  • rockinon.com
  • 更新日:2017/10/12
No image

7月から繰り広げられてきたツアーの終盤。アルバム2枚分の曲が揃って2時間みっちり、汗が滴りまくるロックショウだ。新作『Dim The Lights』はレコード作品としての聴き応えも素晴らしかったが、収録曲はツアーで鍛え込まれて「この4人は本当にすげえ」と阿呆のように思い知らされるための基盤を作り上げていた。

ポップで熱くて前のめり感もあるのに、料理の仕込みからしてレベルが違う感じ。生の熱狂なのに、ビットレートが上がっている感じ。新作は間違いなくMONOEYESのライブをレベルアップさせていた。

ロックを高度なものにしようとすると、しかめっ面で頭の中をグルグル回すものになりがちだが、MONOEYESは違う。笑顔でぴょんぴょん飛び跳ねながら、雄叫びを上げながら、ミットを正面に構えていれば誰にでもキャッチできるロックの豪速球を、もの凄い精度で放り込んでくるのである。

それもこれも、「ライブハウスを特別な場所にする」という、MONOEYESの使命感さえ帯びた姿勢によるものだった。本編ラスト3曲の、誰一人として逃さずに完璧な熱狂を作り上げるさまには、笑顔のまま肌が粟立つ。同じコーストで、何度も観てるはずなのに。

後日あらためて、ネタバレ控えめでレポートします。ツアーは残すところ、いわきと那覇の2本!(小池宏和)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「バーレスクTOKYO」初のオフィシャルミックス「BURLESQUE Party mixed by DJ KAYA(FARM-457)」が初登場iTunes Storeダンスチャート1位獲得
わーすた 男子禁制イベント開催決定、Instagramもスタート
ザ・クロマニヨンズ「レコーディングの実労働時間」は3日間!
「HiGH&LOW THE RED RAIN」がHuluで配信開始、プレゼントキャンペーンも
BUCK-TICK 10/19ニコ生特番で「BABEL」MVを初解禁、MTVで”EXCLUSIVE”スタート!!

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加