中邑真輔が再起戦勝利 王座戦黒星うっぷん晴らす

中邑真輔が再起戦勝利 王座戦黒星うっぷん晴らす

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/11
No image

オートン(右端)とのタッグ戦で勝利を飾った中邑(左端)(C)2017 WWE, Inc. All Rights Reserved

<米プロレスWWEスマックダウン>◇10日(日本時間11日)◇米ミシガン州グランドラピッズ・ヴァン・アンデル・アリーナ

「ロックスター」中邑真輔(37)が、再起戦に勝利した。8日(同9日)のPPV大会ヘル・イン・ア・セルでWWEヘビー級王者ジンダー・マハル(31)に敗れてから2日後、ランディ・オートン(37)とタッグを組んでルセフ(31)、エイデン・イングリッシュ(30)組とタッグ戦で激突した。

中盤までオートンが集中攻撃を浴びる劣勢の展開だった。何とかイングリッシュにパワースラムを決めたオートンからタッチを受けた中邑がリングに入ると形勢逆転。多彩な蹴りとヒザ攻撃でイングリッシュを追いつめると、邪魔に入ったルセフをオートンがRKOで沈めて排除。中邑が倒れ込んだイングリッシュにキンシャサ(ボマイェ)をたたき込んで3カウントを奪取した。マハルとの王座戦に敗れたうっぷんを晴らす勝利を挙げた。

中邑は11月25日(同26日)のスターケード大会で再び同王座に挑戦することが発表されている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
村田、真のチャンプへ出稽古プラン!ゴロフキンと“再戦”へ/BOX
飯伏、東京初前哨戦でIC王者・棚橋撃破「完全に上向き」
比嘉、次戦は地元・沖縄で 具志堅会長「1月か2月にやりたい」
村田諒太、先があるから「泣いてません」。視線の先は最強ゴロフキン
「3度目はない」決意で再戦に挑む村田は圧勝予想オッズ通りに勝てるのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加