【FC東京】「欲しいのはストライカーと...」。大金社長が今後の補強に言及

【FC東京】「欲しいのはストライカーと...」。大金社長が今後の補強に言及

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2019/01/13
No image

FC東京の新体制発表で補強について言及した大金社長。写真:富岡甲之

2019年1月12日、FC東京の新体制発表会で大金直樹社長は米本拓司の移籍(名古屋へ)について「背中を押すしかなかった」と語った。話し合いを重ねながらも慰留できなかったことを悔やんだ同社長は「補強について」も言及した。

このオフはブラジル人MFのアルトゥール・シルバをはじめ、大卒ルーキーの渡辺剛や高卒ルーキーの中村拓海らを獲得しているが、過去2~3年に比べて新戦力の顔ぶれがやや地味に映る。大金社長は「まだ補強は終わっていない」と明言したうえで、「ストライカーと、シャドーのところのサイドの2枚が欲しいなと。両方できる選手でもいいんですけどね。去年はディエゴ(・オリヴェイラ)に頼っていたところがあり、研究されてからは抑えられる試合も多かった。だから、シャドーの位置からでもゴールを奪えるような選手を求めたいと思います」とコメントした。

もちろん、そこをターゲットに補強はここまでも進めてきたが、なかなか成就できていないという。興味ある選手に声をかけているものの、「競合になったりする場合もあって、条件面だったり、そういうところで成立しない」との同社長の証言からも、FC東京の現状は読み取れるかもしれない。
攻撃的な選手と言えば、久保建英がレンタル先の横浜から復帰した。そんな彼に大金社長も大いに期待している。

「本人とも話しましたが、ひと皮むけたというか、大きくなったと感じています。さっき言った補強のポイントじゃないんですけど、チャンスは大いにあると思います」

昨季に続いてチームを指揮する長谷川健太監督も新体制発表会で補強について言及していた。「昨季に試合に出た主力メンバーが残ってくれたことは大きかったと思っています。補強に関しては年末年始、私もクラブハウスに結構通いましたが、なかなか苦戦はしています。ただ、強化部も頑張ってくれていますし、社長もやってくれると信じています」。

その想いに大金社長は応えられるか。ただひとつ確かなのは、FC東京の全容が見えてくるのはこれからだということだ。

取材・文:白鳥和洋(サッカーダイジェスト編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
DF塩谷司、驚愕の豪快ミドルで代表初ゴール 森保監督が試合後にかけた“一言”とは?
ファン・ウィジョまたゴールだ!ついに合流のソン・フンミンがPK奪取
栃木移籍の比江島がBリーグ復帰戦、敗戦に言葉少な
デュッセルドルフ2-1で勝利 宇佐美後半途中交代
元代表MF二川孝広、新井場オーナーの関西1部移籍
  • このエントリーをはてなブックマークに追加