交通事故で母親を失った子コアラ。母親代わりに、ぬいぐるみを抱きしめ元気を取り戻す(* ́艸`*)!

交通事故で母親を失った子コアラ。母親代わりに、ぬいぐるみを抱きしめ元気を取り戻す(*´艸`*)!

  • PECO
  • 更新日:2016/10/21

オーストラリアのクイーンズランド州にある動物病院。ある日ここに、1匹の野生の子コアラが連れてこられます。でも通常は、子コアラは1頭でいることはありえません。多くはお母さんコアラと一緒のはず…。それなのになぜ?

実は、この子の母親は交通事故に遭い命を落としてしまったのです…。子コアラはその場を離れず、カラスに襲われていました。そこを偶然通りかかった方に保護され、こうして動物病院に連れてこられたのです。

No image

こちらが保護された子コアラ。
動物病院にやって来た時、幸いにも外傷などはありませんでした。しかし、塞ぎ込み明らかに元気を失くしています。そうこの子は、

体ではなく、心に傷を負っていたのです…。

その原因は、やはり母親を失ったという事実。
獣医師の診察によると、この子は生後9ヵ月ほどとのこと。まだまだ甘えたい時期に、お母さんが傍にいないというのは想像を絶するほどツラいことなのでしょう。

子コアラは「シェイン」と名付けられ、野生に戻されるまでは同施設内で暮らすこととなります。
でも心の傷は深く、まるで生きることさえ拒むような様子を見せるシェイン…。そんな気持ちを察して、スタッフの方がシェインに"あるプレゼント"をします。
それは…

No image

コアラのぬいぐるみ。

「お母さんがいない寂しさを、少しでも紛らわせてくられたら」という、せめてもの心遣いの表れ。もちろん、ぬいぐるみでシェインの心の傷が癒されるとは思えません。

でも、この優しさがシェインを大きく変えることに…。

No image

出典 : https://www.youtube.com

なんと、シェインはぬいぐるみを常に抱くようになったのです。お昼寝や診察の時間…片時もぬいぐるみを離そうとはしません。

その様子はまるで、お母さんの温もり感じているかのよう。

No image

そして次第に、その表情や仕草にも明るさが戻って来たのです。この変化に驚きつつも、安心するスタッフたち。もちろん、ぬいぐるみの存在だけがシェインの全てとならないように、スタッフが一丸となってそのケアに当たります。

小さな小さな優しさが、動物の心を開くこともある。そんなお話でした。

いずれは、"母親離れ"を向かえる日がやってくることでしょう。その時がこの子にとっての初めての1歩であり、新しい人生の始まりではないでしょうか。

参照元:https://www.youtube.com/watch?v=2MYSLLHasyA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「頭が混乱する...!?」反射によって生み出された奇跡の写真いろいろ
【嘘だろ】この美女に「衝撃的な真実」が隠されていると話題に!信じられない
「定時に帰さないなら 殺す」 職場に無言のプレッシャーを与えるマグカップが話題に
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
【けしからん】美人だが、あまりに攻めた格好で授業どころではない教師が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加