ペレ、マラドーナ、メッシらサッカー界が悲痛。飛行機墜落事故に続々と哀悼メッセージ

ペレ、マラドーナ、メッシらサッカー界が悲痛。飛行機墜落事故に続々と哀悼メッセージ

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/30
No image

ペレ氏【写真:Getty Images】

ブラジル1部のシャペコエンセの選手らを乗せた飛行機が、コロンビアのメデシン近郊で墜落した悲劇的な事故を受けて、サッカー界から続々と哀悼のメッセージが送られている。29日、アメリカメディア『ESPNデポルテス』などが報じている。

ペレ氏はシャペコエンセの旗とともに「これは悲劇だ。遺族の皆様にお悔やみ申し上げます。どうぞ安らかに」とSNS上からメッセージを発信。

ディエゴ・マラドーナ氏はフェイスブックより「シャペコエンセファミリー、事故で亡くなった全ての方々にお悔やみ申し上げます」とメッセージをアップしている。

そしてリオネル・メッシもフェイスブックから「すべてのご遺族、友人、シャペコエンセサポ―ターに心から哀悼の意を捧げます」というメッセージを「がんばれシャペコエンセ」のハッシュタグ付きで送っている。

ルイス・スアレスは「コロンビアでの飛行機事故の遺族の方に、私からのサポートと親愛な気持ちを送ります。特にシャペコエンセの皆様に。本当に残念なニュースです」とこちらもシャペコエンセのチーム旗の写真とともにツイッターから発信している。

この他にも、多くのプレーヤー、チームがこの悲報に哀悼のメッセージを発信しており、サッカー界全体が悲しみに包まれている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
クラシコでシャペコユニを着ていたネイマール「ゴールしたら見せるつもりだった」
アーセナル、好調ストークは厄介な相手?第15節 アーセナル vs. ストーク
ローマサポーター、飛行機事故への黙とう中に心無い行為。「国際的な恥」と非難
墜落事故でエンブレムを変更
クラブW杯控えるレアル、主力を”温存”。Cロナらが週末のリーグ戦欠場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加