小泉今日子、クドカン脚本は「魔法のよう」...「あまちゃん」以来のタッグ

小泉今日子、クドカン脚本は「魔法のよう」...「あまちゃん」以来のタッグ

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/10/13
No image

笑顔でトークを繰り広げる小泉今日子。(中央は菅野美穂、右は伊勢谷友介)=TBS緑山スタジオ(撮影・棚橋慶太)

歌手で女優の小泉今日子(51)が11日、神奈川県横浜市内で行われた、TBS系の主演ドラマ「監獄のお姫さま」(17日スタート、毎週火曜後10・00)の会見に、共演の女優・菅野美穂(40)、森下愛子(59)、満島ひかり(31)、夏帆(26)、坂井真紀(47)、俳優・伊勢谷友介(41)、とともに出席した。

脚本の宮藤官九郎(47)とは、13年のNHK連続テレビ小説「あまちゃん」以来のタッグとなる小泉。宮藤の脚本を「台本をいただいたときには、笑いながら、次を読むのが楽しみで、すごい面白い連載のマンガを待っているような気持ち」と評し、「完成した作品を見ると、すごく温かさとか悲しみが浮き出てくる、魔法のような脚本だと思います」と魅力を語った。

今作で小泉らは、満島が看守を務めていた女性刑務所に服役していた囚人役。伊勢谷が演じるイケメン社長を誘拐し、夏帆が演じる服役中の女性のえん罪を晴らそうとするストーリー。最年長の森下は、「この年になるとノーメークで囚人服を着ると囚人になるので、苦労は全くありません」と爆笑を誘い、民放の連ドラ初出演となる伊勢谷は「映画の撮影に比べるとペースが速くて、その中で皆さんがこのクオリティーを作ってらっしゃる。日本のドラマ界ってすげえなと感じているところです」と舌を巻いていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いじめと批判も「バカ殿様」特番に賛否両論
「温泉レポートにしか見えない......」元AKB48・篠田麻里子『水戸黄門』の入浴シーンが“ガッカリ”すぎ!?
『ドクターX』新キャスト・野村周平が不評! 画面に映っただけでブーイングの異常事態
堤真一が大河「西郷どん」の主演オファーを辞退した理由とは?
水曜日DT、クロちゃん「衝撃奇行」にドン引き!?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加