最新ランキングをチェックしよう
まるでドラマ『陸王』のように、草創期の箱根駅伝を足袋職人が支えた

まるでドラマ『陸王』のように、草創期の箱根駅伝を足袋職人が支えた

  • Sportiva
  • 更新日:2017/11/12

短期連載〜消えたハリマヤシューズを探して(4)連載の第1回目から読む>> はるか昔、1912年のストックホルム五輪に出場するため、駆け足自慢の学生・金栗四三(かなぐり しそう)と東京・大塚の足袋屋「ハリマヤ」の職人・黒坂辛作(くろさか しんさく)は、創意工夫を重ねてマラソン用の足袋を作り上げる。それは、あたかもテレビドラマ『陸王』(原作・池井戸潤)で足袋業者がスポーツシューズの世界に打って出るスト

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あいつはプロレスラーの強さって何なのかをわかっていない 元プロレスラー キラー・カーン【後編】
長州力、藤波辰爾が再び名勝負、昭和プロレスで魅了
陸上100mで桐生祥秀は2度目の9秒台を出せるのか?その2018年計画を探る
生徒数ゼロで100万円以上の赤字だった世界チャンピオンの空手教室が、チラシも宣伝も無しでいきなり100人以上になった話/Mari Kitajima
【国際プロレス伝】人物評は「ケンカが強い」。団体一の破天荒レスラー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加