最新ランキングをチェックしよう
小さい体でのびのび生きる。ドワーフィズムの猫たちの、生まれから現在まで

小さい体でのびのび生きる。ドワーフィズムの猫たちの、生まれから現在まで

  • カラパイア
  • 更新日:2019/07/19

image credit:Instagram むっくりボディに短い足、それからちょっぴり開いたお口。この猫たちの特徴的な外見は、ドワーフィズム(小人症)によるものだ。
 さまざまな原因で発症するといわれている猫のドワーフィズムは、関節や甲状腺など、健康に問題を抱えていることが多い。そのため飼育には十分な配慮と継続的な治療が必要なものの、この2匹は理解ある飼い主のもとでとても幸せな猫生を送っているん

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【クイズ:なんの動物でしょうか?】名前を呼ばれ、トコトコ勢いよく向かってくる白い影の正体は...♪
フェンスにくくりつけられたハスキーを救出した警官、すっかりほれ込み無事飼い主となる
“ジンベイザメサーフィン”で大炎上
「マーモットってこんな懐くの?」幸せそうな関係(動画)
段ボール箱にみっちりしている猫が可愛すぎ 「まだ入れるにゃ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加