ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池の生みの親」吉野彰氏ら3氏に

ノーベル化学賞は「リチウムイオン電池の生みの親」吉野彰氏ら3氏に

  • ギズモード・ジャパン
  • 更新日:2019/10/09

Image: Nobel Prize/YouTube

パソコンにスマホ、デジタルカメラに電気自動車。リチウムイオン電池は私たちの身近なシーンにたくさん使われていますよね。すでに生活と切り離せなくなっているリチウムイオン電池ですが、その生みの親である吉野彰氏、スタンリー・ウィッティンガム氏、ジョン・グッドイナフ氏の3氏がノーベル化学賞を受賞しました。旭化成の名誉フェローの称号を持つ 吉野氏、旭化成

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加