百戦錬磨M・ハントUFCロシア出陣「戦い大好き」

百戦錬磨M・ハントUFCロシア出陣「戦い大好き」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/09/15
No image

マーク・ハント

米総合格闘技のUFCファイトナイト136大会は15日(日本時間16日)、ロシア・モスクワのオリンピスキ・アリーナ・センターで開催される。

ロシア初上陸のUFC興行のメインイベントには「スーパーサモアン」ことUFCヘビー級8位のマーク・ハント(44=ニュージーランド)が出陣。地元出身のアレクセイ・オレイニク(41=ロシア)と同級5分5回で対戦する。14日には同地で開かれた前日計量に出席し、ハントは120・20キロ、オレイニクは106・59キロでパスした。

UFCデビューから7年が経過し、プロ格闘家としてのキャリアは20年を誇るハント。キックボクシングもあわせると戦歴は60試合以上となり、今回はUFC17戦目となる。「あと2試合残っているUFCとの契約は最後まで消化したい。先のことは契約を満了してから考えたい。戦うことは大好きだ。高揚と落胆、張り詰める身体と心、生々しい感覚は格闘技ならではだ。ただ、今では自分も地球上で最高齢の選手の1人になってしまい、トレーニングの疲労が抜けるのが遅くなっている。そうしたこともあって、現実的には引退も脳裏をかすめるようになってきている」とコメント。

その上で「オレはかつて、史上最強のロシア人ファイター、エミリヤーエンコ・ヒョードルと戦ったこともある。だからロシア人アスリートをリスペクトしている。オレイニクはオレと同じタフな男だが、ベストを尽くす。彼にとって、長くてつらい夜になるだろう」と自信をみなぎらせた。

一方のオレイニクは「オレがハントの大砲(豪腕パンチ)をもらってしまわない限り、ハントが自分の絞め技から脱出することは非常に難しいだろう」と自己分析。地元で初めて開催されるUFCのメインイベンターとなったこともあり「ロシアのMMA史に名を残すことができてうれしい。伝説的なイベント、伝説的な試合を期待してもらいたい」と意気込んでいた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

格闘技カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
WWE中邑真輔US王者防衛 保持期間65日に更新
山本KID徳郁さん、死去
高藤直寿、世界選手権2連覇へ独自トレで戦闘モード
王者AJスタイルズ、再びジョーの襲撃受けるも撃破
V3狙う木村翔「一番脂が乗っている」会長も大絶賛
  • このエントリーをはてなブックマークに追加