最静寂を追求!オーディオテクニカから最強のワイヤレスNCヘッドホン「ATH-ANC900BT」登場

最静寂を追求!オーディオテクニカから最強のワイヤレスNCヘッドホン「ATH-ANC900BT」登場

  • @DIME
  • 更新日:2019/02/11
No image

オーディオテクニカは、QuietPointデジタルハイブリッドノイズキャンセリング技術を採用したワイヤレスヘッドホン「ATH-ANC900BT」を2月15日に発売する。価格はオープン。予想実勢価格は35,000円前後(税別)。

No image

「ATH-ANC900BT」は、同社のワイヤレスヘッドホン史上“最静寂”を追求したモデル。両ハウジングの内側と外側の集音マイクでノイズを検知し、ふたつのノイズキャンセリング方式を統合する、デジタルハイブリッド技術により高精度な処理を行なうことでノイズを打ち消す逆位相の音を生成する、QuietPointデジタルハイブリッドノイズキャンセリング技術を採用する。

また、スマートフォン専用アプリ「Connect」を併用することで、航空機内のエンジン音などのノイズに特化したモード「Airplane」、外出時の車の騒音や話し声、物音など幅広いノイズに効果があるモード「On the go」、オフィス内や図書館など、静かな環境で気になるノイズに対応するモード「Office/Study」の3つのノイズキャンセリング効果から最適な環境を選ぶことができる。

さらに、低反発クッションと上質な合皮を採用したイヤパッド&ヘッドパッドで長時間の快適性を実現。駅・空港のアナウンスを聞きたい時などに便利なクイックヒアスルー機能や、装着したままハウジングを触るだけで直感的に操作できるタッチコントロール機能も搭載し、高い利便性と操作性を兼ね備えているのも魅力だ。

音質面では、高域特性に優れたDLC(ダイヤモンドライクカーボン)コーティング振動板を搭載した40mm径のダイナミックドライバーを採用し、高品位な音質を実現。

Bluetoothのバージョンは5.0で、プロファイルはA2DP、AVRCP、HFP、HSP、コーデックはaptX、AAC、SBCをサポート。また、有線接続によりハイレゾ音源にも対応する。

充電時間は約5.5時間で、Bluetoothとノイズキャンセリング使用時で最大約35時間の連続再生が可能。また、15分の充電で約3時間の再生が可能となる。質量は約263g。ケース、航空機用変換アダプター、30cm充電用USBケーブル(USB Type-A/Micro USB Type-B)、1.2mコード(φ3.5mm金メッキステレオミニプラグ/L型)を付属する。

No image

製品情報
https://www.audio-technica.co.jp/atj/show_model.php?modelId=3044

構成/立原尚子

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
60代からでも学べるプログラミング言語は?
PCやスマホを買い換えたらまずはコレ!ウイルスの脅威を未然に防ぐ最新セキュリティソフトおすすめ9選
GeForce GTX 1660 TiはDXR&DLSSナシでも強い新世代ミドルクラス
iPhoneをまるごと包み込む 「360度フルカバーケース」
300億円が使われてない!?スマホ決済サービスの狙い目はココ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加