ハウジングを3DプリントしたBrainwavz の新イヤホン「B400」

ハウジングを3DプリントしたBrainwavz の新イヤホン「B400」

  • Techable
  • 更新日:2018/02/15
No image

オーディオメーカーのBrainwavzは、新イヤホン「B400」を発表した。ダイナミック型が増えているなか、あえてバランスド・アーマチュア型を採用して高品質のサウンドを実現している。

一方で、人間工学に基づいたデザインのハウジングを3Dプリントしているのも売りだ。

・ドライバー4つ搭載

No image

B400という名称は、それぞれレンジが異なるドライバーを4つ搭載していることからきている。周波数10〜40kHzに対応し、感度は115db。

4つのドライバーを収容するハウジングは3Dプリンターで出力。それらの部品をすべて手作業で組み立てているというこだわりようで、開発元は「本当のオーディオファイルグレードの音が楽しめる」とうたう。

・オーディオジャック付き

No image

また、B400で特徴的なのは、それぞれのイヤーピースに3.5mmのオーディオジャックがついていて、ケーブルの取り外しが可能なこと。

B400にはスタンダードタイプと、マイク・リモコンがついたタイプの2ケーブルが付いてくるので、必要に応じて付け替えできる。

また、ユーザーそれぞれの耳に快適にフィットするよう、サイズの異なるイヤーチップや形状記憶チップも付いてくる。

B400はすでにBrainwavzのサイトで販売されていて、価格は189.5ドル(約2万1000円)。世界中どこにでも発送してくれる。

Brainwavz

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の家電製品にほとんどついている「2つの穴」、そんな大きな意味があるなんて知らなかった!=中国メディア
ドコモ・au・ソフトバンクで打倒LINE? SMS機能拡充か
自転車並みの速さ! バッテリーで滑るように動く「Turbo Jetts」登場
Amazonが「タイムセール祭り」開催するよ~!
ポートフォリオサイト「バルーン」が炎上 クリエイターのポートフォリオを第三者が勝手に編集
  • このエントリーをはてなブックマークに追加