風味と食感が際立つ!旬の〈きのこ〉は【●●●焼き】で。

風味と食感が際立つ!旬の〈きのこ〉は【●●●焼き】で。

  • オレンジページ☆デイリー
  • 更新日:2018/09/14
No image

秋の訪れとともに、種類が豊富に出回るきのこ。

食欲を刺激する香りと、個性的な食感が魅力です。

No image

せっかくの旬には、その持ち味をいかした食べ方で楽しみたい!

そこでおすすめするのは、こちらの〈グリル焼ききのこ〉。

4種類のきのこにオイルをからめ、オーブンでからりと焼くだけ!
水分が抜けたきのこは、うまみがぎゅっと凝縮されて、かみしめるほど奥深い味わいです。

作り方はいたって簡単♪

えのきだけ(根元を切って長さ2cmに切る)、まいたけ(縦にほぐして食べやすい長さに切る)、生しいたけ(軸を切って幅7㎜に切る)、しめじ(石づきを切って小房に分ける)各1パック(各100g)をボールに入れ、サラダ油大さじ1をからめます。オーブン用シートを敷いた天板に広げ、200℃に予熱したオーブンの中へ。途中、1~2回上下を返して混ぜながら、10~15分かけて焼きます。

きのこは、ぬめりの強いなめこ以外なら、エリンギやマッシュールームを使ってもOK。途中で上下を返し、きのこの余分な水分をむらなく抜くのがコツですよ。

No image

この〈グリル焼ききのこ〉は、サラダや混ぜご飯にアレンジして楽しみましょう!

No image

まずは春菊のほろ苦さと、きのこのうまみが絶妙のハーモニーを生み出すおとなのサラダ。歯ごたえの増したきのこが、肉のような存在になって、ヘルシーで食べごたえも抜群です。

こちらはシンプルな鶏飯に、きのこを混ぜた一品。ご飯にきのこを炊き込まないことで、きのこの個性が引き立ちます。

料理をしたい気持ちが高まる季節。価格も手ごろで下ごしらえも簡単なきのこで、秋の味覚を味わってみませんか。

料理/上田淳子、撮影/南雲保夫、スタイリング/阿部まゆこ、文/編集部・井上
(『オレンジページCooking 秋』より)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【レシピ】シメにも!よく飲んだ翌日にも!福岡仕込みの味「明太クリームうどん」
【お弁当にオススメ】市販シュウマイをアレンジした時短おかず!
【今週の注目キーワード】テレビで話題の「おからパウダー」は自宅で簡単に手作りできる!
しらすが旬!入れるだけでうま味アップ!しらすパスタレシピ
チーズがとろ〜り「キャベツ包み焼き」で至福のモーニングを♪
  • このエントリーをはてなブックマークに追加