バッファローのデータ復旧サービスが他ブランド製品にも対応

バッファローのデータ復旧サービスが他ブランド製品にも対応

  • ASCII.jp
  • 更新日:2017/12/06
No image

バッファローは12月5日、ストレージ製品のデータ復旧サービスの対象製品を拡大し、同社以外の製品を受付すると発表した。

同社は5月1日よりHDDやSSDなどのデータ復旧サービスを開始。個人・業務ユース関わらずに論理・物理の両障害について対応を実施していた。

今回のサービス拡大で、対象製品を他社メーカー製品にも適用。同社は対象ブランドの例として「アイ・オー・データ」「エレコム」などを挙げているが、それ以外のメーカー・ブランドの製品についても対応するという。なお、サービス対象は国内で販売されている製品に限られる。

サービスは東京/名古屋/大阪の各拠点で開始し、今後は拠点を増やしていくという。価格は3万5000円からで、メディアの種類や障害の程度によって変化。障害が重度の場合は別途見積もりが必要。著作権保護されたデータの復旧は不可としている。

■関連サイト

ニュースリリース

バッファロー

データ復旧サービス

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
最大18コアのXeonプロセッサーを搭載した史上最強『iMac Pro』の機能をおさらい
ラズパイの見た目を100%オーディオ機器にするアルミケースを発見!
Googleに雇われているセキュリティ研究者がiPhoneのiOS11.1.2の脱獄を手助けするツールを提供していた?
「ジョジョスマホ」約13万円でドコモが12月20日予約開始、1万台限定
キーワードで読み解く2017年のヒット商品
  • このエントリーをはてなブックマークに追加