智弁和歌山・高嶋監督 6年ぶり勝利で通算64勝「何十年ぶりかな」

智弁和歌山・高嶋監督 6年ぶり勝利で通算64勝「何十年ぶりかな」

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

逆転勝利に笑顔の智弁和歌山・高嶋監督(左)=甲子園

「全国高校野球選手権・1回戦、智弁和歌山9-6興南」(11日、甲子園球場)

智弁和歌山が6点差を逆転して2011年以来、6年ぶりに初戦を突破した。高嶋仁監督(71)は甲子園通算最多記録を更新する64勝目を挙げた。

三回を終わって0-6からの大逆転。久々の勝利の感想を問われ「何十年ぶりかなと思った。ずっと初戦突破していなかったので」と顔をくしゃくしゃにして喜んだ。

自身の甲子園通算勝利も11年夏を最後に遠ざかっていた。勝てなかった間に、大阪桐蔭や作新学院(栃木)など、若い監督が率いるチームが甲子園を制した。「智弁だけ置いて行かれる。監督が悪いなと思っていた」と、弱気になることも多くなった。

この日は先発・北拓海投手(3年)が制球に苦しみ、序盤に大量失点。「苦しかったですね。負けたら監督の責任と思っていた」と振り返った。

それでも、試合前に「ロースコア」と予想していた展開ではなく、13安打で9点を奪っての勝利。「点の取り合いになったら、勝たなあかんでしょう!」。猛打・智弁和歌山を築いた名将らしい言葉がよみがえった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「スター不在」の甲子園を盛り上げる広陵の中村VS仙台育英
大阪桐蔭悲運の一塁中川卓也、打者走者と交錯の伏線
仙台育英、大阪桐蔭戦での「蹴り疑惑」 日本文理戦でもとネットで騒動拡大
大阪桐蔭 一塁ベース踏み忘れの中川が新主将「春夏連覇を」
「甲子園の土、その後どうしてますか?」 元甲子園球児たちに聞いてみた
  • このエントリーをはてなブックマークに追加