最新ランキングをチェックしよう
ナダルがグランドスラムで導入予定の「ショットクロック制」に懸念を示す

ナダルがグランドスラムで導入予定の「ショットクロック制」に懸念を示す

  • TENNIS DAILY
  • 更新日:2018/07/08

エキシビションや予選で導入されつつある「ショットクロック(ポイントが決まってから次のサーブを打つまでの時間を25秒以内にする)」が、8月に開催される「全米オープン」のメインドローに導入される予定になった。「ウィンブルドン」の最高責任者リチャード・ルイス氏も「おそらく「ウィンブルドン」でも行われるだろう」と示唆したが、「ただし、導入を急ぐ考えではない」と打ち明ける。
ラファエル・ナダル(スペイン)は

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

テニスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
錦織圭、『体育会TV』収録中に涙!?「カメラがなければ号泣していた」
東京が男子テニスツアー最終戦の最終候補地のひとつに。
「凄いふくらはぎ」陸上山県、錦織から刺激 短期合宿終え帰国
張本「最高としか言いようがない」ぶれない体と心で史上最年少V
  • このエントリーをはてなブックマークに追加