復活への1歩記した宮原知子「体より気持ちが元気」

復活への1歩記した宮原知子「体より気持ちが元気」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/11/12
No image

宮原知子(17年11月11日撮影)

フィギュアスケート女子で11カ月ぶりの実戦となったグランプリ(GP)シリーズ第4戦NHK杯で5位に入った宮原知子(19=関大)が12日、フリーから一夜明けた大阪市中央体育館でエキシビションに臨んだ。淡いピンクに赤色を取り込んだ衣装で、3つのジャンプを全て成功させるなど、観客の大声援に応えた。

昨年12月の全日本選手権で左股関節を疲労骨折し、今年2月の4大陸選手権、3月の世界選手権を欠場。懸命なリハビリを経て、復活への第1歩を刻んだ今大会になった。

次戦はGP第6戦のスケートアメリカ(24日開幕、レークプラシッド)となる。宮原は10日のショートプログラム(SP)と11日のフリーを振り返り「疲れている部分はあるんですけれど、体よりも気持ちがすごく元気で、思っているより疲れていないです。次はショート(SP)でしっかりノーミスできるようにしたい」と次のステップを見据えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦の五輪危機に連盟が画策する“屈辱の代表入り計画”
坂本花織 ミスなし首位発進も「あまり点数が伸びなかった」
三原4位「滑られる幸せを持って」演技後にガッツ
三原舞依4位、白岩優奈6位 フランス杯
紀平、充実首位 フリーのトリプルアクセルは「安全に」1本勝負 女子ジュニア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加