山野楽器で2画面電子ペーパーを搭載した楽譜専用端末「GVIDO」の店頭販売が間もなく開始

山野楽器で2画面電子ペーパーを搭載した楽譜専用端末「GVIDO」の店頭販売が間もなく開始

  • MdN
  • 更新日:2017/09/15
No image

「GVIDO」と別売のフットスイッチや牛革カバー。スタイラスは本体に付属しているが、追加購入もできる

株式会社山野楽器は、テラダ・ミュージック・スコア株式会社と提携し、2画面電子ペーパー楽譜専用端末「GVIDO(グイド)」の販売を開始することを決定した。「GVIDO」は、テラダ・ミュージック・スコア株式会社が開発し、VAIO株式会社が設計 / 製造を手掛けた製品。オンラインショップでは山野楽器とGVIDOストアの2店のみ、アジアのリアル店舗では銀座山野楽器 本店(東京都中央区銀座4-5-6)のみでの独占販売となる。2017年10月10日(火)からの販売が予定されており、9月17日(日)からは先行展示と予約受付がスタート。

「GVIDO」は、13.3型(A4)の“Mobius”フレキシブル電子ペーパーを採用した2画面を搭載。電磁誘導方式の付属スタイラスペンで、演奏に不可欠な書き込みや消去を自在に行える。8GBの内蔵メモリを備え、書き込みは最大100レイヤーでの保存が可能。ストレスなくページめくりを行える赤外線タッチスイッチに加え、別売のフットスイッチを用いることで、手を使うことのないスムーズな操作も実現できる。楽譜の保存形式はPDF。内蔵メモリには4000曲を保存でき、「GVIDOストア」で端末に最適化された電子楽譜の購入も可能だ。本体には、譜面台からの落下などに対しても強い耐久性が備えられた。

通信機能としてIEEE 802.11n / g / b / a準拠の無線LANとBluetoothに対応し、本体にはmicroSDメモリーカードを利用できるスロットやmicroUSB端子も用意。内蔵リチウムイオンバッテリーでは、3時間の充電で3日間の使用に対応する(1分間ごとに100ページをめくった場合)。展開時の本体サイズは、約482(幅)×310(高さ)×6(奥行)mmで、重量は約660g。ページめくりで紙の擦れる音がせず、屋外で使用しても紙とは違って風でめくれるようなことがないため、幅広いシーンでの活用が期待できる。

No image

電子楽譜専用端末「GVIDO」DMS-W1の本体。自在に書き込みや消去を行えることなどが魅力

No image

銀座山野楽器 本店 6F ピアノフロアでの展示イメージ。先行展示と予約受付は9月17日(日)からスタート

株式会社山野楽器 / テラダ・ミュージック・スコア株式会社
価格:18万円(税抜)
URL:https://www.yamano-music.co.jp/docs/gvido/
2017/09/15

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SynologyのNASを使いDisk Station Manager(DSM)でiCloudのようにスマホ・PC・NASを同期する方法まとめ
ラジコンに乗りこめ!? 京商、一人称視点でRC操縦ができるライド型コントローラーを発表
現代っ子がゲームボーイをプレイしようとするとこうなるムービーが面白い
なぜ渋谷区は学校教育にWi-Fiではなく携帯電話回線を選んだのか?
【本日のセール情報】Amazonタイムセールで90%以上オフも! 完全ワイヤレスイヤホンやトラベルポーチ8点セットがお買い得に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加