三田麻央が語る「NMB48は夢を叶える場所」

三田麻央が語る「NMB48は夢を叶える場所」

  • ドワンゴジェイピーnews
  • 更新日:2016/10/18
No image

三田麻央が語る「NMB48は夢を叶える場所」

渡辺美優紀の卒業という大きな節目を迎え、大きく動き始めているNMB48。センターになりたいと、アピールするメンバーが多い中で、根強い人気を誇る三田麻央は、着実に自分の夢である声優への道を切り開くために「夢を叶える場所」であるNMB48の中で、もがき続けている。今回の独占インタビューで感じたのは、NMB48への愛と声優への熱い思いだ。

No image

-NMB48の活動で声優につながっていますか?

三田
誰かに向けて何かを発信するっていうアイドルの活動がすごく勉強になっています。間違って伝わってしまう場合もあるじゃないですか。そういうことを考えるのは楽しいし、生かされますね。歌って踊ることも好きなので、声をお腹から出す方法とか、MCだったりとか学ぶところがいっぱいあります。

-三田さん、「今夜くらべてみました」出ましたよね?

三田
そう、出させて頂いて自分が楽しくなりすぎてわーって喋ってしまって、色々な方から褒めていただいたんですけど、違う界隈からは「何やねんこいつ」ってお声も頂いて。でも、それにムカついたとかじゃなくて、自分もそっち側なのでわかるんです、言いたくなるお気持ちが。どうせテレビで言ってるのなんて「ニワカやろ」って思う気持ちもわかるし、ある程度は覚悟していたんですけど、ちょっとこたえましたね。でもね、テレビ出ている人でもどんだけ前に出ている人でも「好きなものは好き」って言える世界になればいいなって、その時に思いました。だって、みんな二次元やBLが好きで仲間だし、こっちの思いも解ってもらいたいし、考えていることは一緒やと思うんですよ。だから、そういうのがね、うまく伝えられるようになると嬉しいと思います。

-「NMB48の子が声優業も片手間でやってる」ってイメージつくと嫌ですね。

三田
そうなんですよ、だからラジオ通してだとか、イラストのお仕事も頂いてますし、いろんな媒体を通して知ってほしいですね。

-いまはNMB48をしながら、声優・三田麻央が有名になるのがベスト?

三田
汚い言い方をすれば、NMB48にいるうちに名前を売りたいです。でも、名前だけが先走りするんじゃなくて、実力が一緒に伴うとうれしいです。

-AKB48グループで尊敬される方いるんですか?

三田
もう卒業されてますけど、佐藤亜美菜さんですね。アイドルマスター シンデレラガールズでブレイクしてます。アイドルマスター シンデレラガールズのライブで評価をスゴい受けてまして…そんな亜美菜さんも色々あったみたいなんです。元AKB48だからということで。でも、そのライブでそういった意見を完全にひっくり返しまして「声優・佐藤亜美菜」ってしっかり認知されたんです。めちゃくちゃ感動しました。亜美菜さんがAKB48グループから声優になるという突破口を開いてくれて、すごく尊敬をしています。もうね、わたしが言う立場じゃないんですけど、スゴい苦労されていて…わたしたちに光を照らしてくれたんです。

-NMB48に在籍しながら声優で大活躍するとなると、前代未聞ですよね。

三田
NMB48は今年大事な時期やし、個人でどんどん名前を上げていっているから、わたしもここでもっと名前を売って、中途半端な気持ちでやっているわけではないから全力で自分ができるところまでNMB48にいながらやってみたいですね。

-近々での目標は?

三田
いまは、深夜アニメの声優をやりたいです。30分アニメの声優をやらせていただきたいです。もっと出来ること増やしていきたいですね。

-MCも凄くうまいんですけど、大阪ならではのMCタレントになれそうですよね。

三田
嬉しいです!でも、声優になりたいんです。MCタレントになりたいわけではないんです。もちろん、声優はMCやナレーションも仕事としてあるわけだし、マイナスにはならないからNMB48でのMCは全力でやっています。でも、MCタレントになりたいかって言われたら違います。究極言うと、テレビに出たいわけではないんですよ。

-え?そうなんですか?

三田
タレントになりたいわけではなくて、声優がやりたいので、自分がテレビに映って無くても別にいいんです。声で出演できれば。

-ライブやコンサートでのMCの上手さを見て、関西のMCタレントとして十分活躍できると思っていたのですが。

三田
もちろん、女性MCタレントさんって関西ではすごく人気も高くて尊敬するんですけど、わたしは声優になりたいのでそのポジションは目指していないです。「将来MCタレントになりたいんですよね?」ってよく言われるんですけど違うんですよ。

-声優になりたいという一貫した思いが強いですね。センターになりたいわけではない、というのも理解できました。

三田
アイドルが大好きですけど、センターの器の子は他にいるわけで、その子達の後ろで構えてあげてサポートしたいです。それを言うと、「センターになれないから強がっているんだろ」って言われちゃうんですけど、本心なんです。

-NMB48の名前は最大限に利用していきたいと。

三田
そうですね、いやらしくならない程度に(笑)。その匙加減が難しいんですけど、48グループって夢をかなえる場所なんです。わたしのファンの方は声優をやりたいことを知っているので、「その夢が叶うまで絶対に応援するからね」と言ってくださっていて、ありがたいですね。

-センター争いなどばかり取り上げられると、その根本的な「夢を叶える場所」って言うことを忘れがちになりますね。

三田
そうですよ、夢を叶える場所なんですから。NMB48だけで終わりじゃなくて、その先の夢もしっかりと見ていないといけないと思っているんです。個人個人が、アイドルという素敵な仕事で、色々吸収していって成長していかないといけないんです。わたしもここまで遠回りをしていて…でもその全てが今につながっていて、プラスに変わっていっているのが実感できています。自分でもここまで長くアイドルをやっていると思っていなかったくらいにハマっているので、声優っていう夢があやふやだったのに明確になってきたのも嬉しいし、今すごく楽しいです。

-そんな三田さんからみて、いまのNMB48はどう思いますか?

三田
1期生さんを中心に卒業がずっと続いているんですが、その一方で5期生っていう新しい風が入ってきたりだとか、メンバーのセンター宣言だったりとか、マイナスなことばかりでは全然なくて、いままで支えてきてくれた先輩がいなくなって、じゃあ自分たちはどうすればいいか?とか、ちゃんと見れるときだと思うんです。実際に彩さんがいなかったコンサートは埋まらなかったですけど、メンバーの意識ってぜんぜん違うものになったし…自分がみんなの後をついていくんではなくて、自分が引っ張っていくんだって意識に変わったメンバーが凄く多くなって、そういう意味では、これからのNMB48絶対面白くなるやろな、って確信しています。そういう意味で、ファンの皆さんにも6周年迎えて一から応援していただくつもりで一緒に頑張っていけると嬉しいなと思います。

-6周年コンサートは見逃せないものになりますね。

三田
そうですね、新しい形になったNMB48が第二章を迎えて絶対に面白いものになると思います。一緒に歩いていくという意味では大事な年になると思います。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
高畑充希が坂口健太郎との交際を隠しきれなかった「2つ理由」
バカリズムが「お前、殺すぞ!」と激高した相手がとんでもなかった!?
問題動画流出のJKTメンバー、卒業→急転解雇
上戸彩が激ヤセでネット民驚愕 「かわいいマチャミ」という例えも
奇跡の“二次元ボディ”天木じゅん、たわわな美バスト際立つビキニで魅了
  • このエントリーをはてなブックマークに追加