北朝鮮船籍タンカーがまた“瀬取り” 制裁逃れか

北朝鮮船籍タンカーがまた“瀬取り” 制裁逃れか

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

動画を見る(元記事へ)

防衛省は、北朝鮮籍のタンカーが東シナ海の公海上で物資を違法に積み替える、いわゆる「瀬取り」の現場を確認したと発表しました。

瀬取りをしていたのは北朝鮮のタンカー「ライソンガン1号」で、13日未明に東シナ海の公海上でベリーズ船籍のタンカーに横付けしているところを海上自衛隊の哨戒機「P3C」が発見しました。これを受けて外務省は、北朝鮮に対する国連安保理の制裁決議で禁止されている物資の積み替えをしていた疑いが強いと判断し、国連に通報しました。ライソンガン1号は先月20日にも、ドミニカ船籍のタンカーに横付けして積み荷の受け渡しをしているところを海上自衛隊が発見しています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「シリコンバレーが世の終末を引き起こす」ことを「楽観主義者」のビル・ゲイツさえ危惧している
悪名高きギャングが看護師を誘拐し貧しい人々に予防接種をさせるという事件(ブラジル)
英のKFCファンに悲鳴...鶏肉遅配で700店舗超が休業
エジプト考古学博物館、「叫ぶミイラ」公開 ファラオ暗殺を企てた王子
個室トイレでスマホゲーム30分 男性「直腸脱」で腸16cmが飛び出す(中国)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加