アユート、「HTC Vive」の一般・商用向けの取扱を12月1日より開始

アユート、「HTC Vive」の一般・商用向けの取扱を12月1日より開始

  • 週刊アスキー
  • 更新日:2016/11/30
No image

アユートは11月30日、PC向けVRヘッドマウントディスプレー「HTC Vive」の国内販売代理店として法人向け卸販売およびアキハバラe市場での販売を開始すると発表した。発売は12月1日からで、個人向けは想定価格10万7784円、法人向けは個別見積もりとなる。

また、リテールエディションとしてアミューズメント施設などでの商用利用を可能にするライセンスを付加した「HTC VIVE ビジネスエディション」の取扱いも同時に開始する。

HTC Viveは、PCゲームプラットフォーム「Steam」を運営するValveとHTCが共同開発したPC接続型のVRシステム。2160×1200ドットの高解像度と秒間90フレーム描画を実現するヘッドセットに加え、2つの専用コントローラを使ったコントロールで、リアルな触感を体験できる。VR対応コンテンツについては、今後Steamをはじめとするさまざまなコンテンツベンダーにより、多くのタイトルがHTC Viveに対応することが予定されている。

No image
No image
No image
No image

■関連サイト

アユート

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
エレコム、ネジ1本の重さまでこだわった超軽量30gのワイヤレスマウスを発売
SSDの低価格化傾向が弱まり価格上昇局面に突入する危険性が指摘される
レジで行列や支払いをせずそのまま店から出られる画期的な店舗「Amazon Go」が2017年オープン
折りたたみ式傘かと思ったら、まさかの大画面登場!
自宅の部屋でも「ポルシェサウンド」を楽しめるポルシェデザインのスピーカー「911 Soundbar」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加