野村「今日は七回が全てです」4敗目に落胆

野村「今日は七回が全てです」4敗目に落胆

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2019/08/15
No image

7回途中で降板する野村(左)=撮影・飯室逸平

「広島1-7巨人」(14日、マツダスタジアム)

広島・野村祐輔投手が6回1/3を8安打3失点で4敗目(6勝)。チームは自力優勝の可能性が消滅した。

六回までは粘りの投球で1失点のみ。だが、1-1の七回。先頭・亀井に右前打を許すと、坂本勇に初球カットボールを左中間へはじき返され決勝の適時二塁打となった。続く丸を打ち取ったところで降板となった。

野村は「今日は七回が全てです。試合の入りから走者を出しても粘り強く投げることができましたが、七回の先頭(亀井)を、カウントを悪くして出してしまったことで終盤の大事なところで失点してしまいました」と振り返った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
堀口恭司 衝撃の1RTKO負け「覚えてない…」
日本ハム・栗山監督が持つ選手たちへの「憧れ」「敬意」...その原点は大学時代に
【MLB】大谷翔平、お待たせ16号2ラン! 8月初アーチ、19戦74打席ぶり
肩が強くなくても「技術」でレギュラーになれる! 元帝京・森本稀哲に聞く 球児に贈る練習法 守備力上達編
阪神、ジョンソン流出絶対阻止...異例の超速残留交渉へ 他球団が興味
  • このエントリーをはてなブックマークに追加