アドビの次世代ドロー&ペイントアプリ「Fresco」国内初の体験会 - 新感覚のライブブラシが面白い!

アドビの次世代ドロー&ペイントアプリ「Fresco」国内初の体験会 - 新感覚のライブブラシが面白い!

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/08/12
No image

Adobeは8月8日、iPad向けのドロー&ペイントアプリ「Fresco」のメディア向け体験会を開催しました。ここでは体験会の様子とFrescoを実際に試した感想をお届けします。

○ドロー&ペイントアプリ「Fresco」とは?

Frescoは、2018年10月に、同社が米ロサンゼルスで開催したクリエイティブイベント「Adobe MAX 2018」で発表されたiPad向けのドロー&ペイントアプリ。Frescoの一般向け正式リリースは2019年冬が予定されており、国内では初の実アプリ体験会となります。

当初「Project Gemini」という名前で発表されたこのアプリは、2019年6月に正式名称が「Adobe Fresco」だと発表されました。由来は絵画技法のフレスコから。漆喰が乾く前の新鮮(フレスコ)なうちに描くフレスコ画のように、“インスピレーションがが降りてきたら新鮮な内に描く”との意を込めたといいます。

○ピクセルブラシとベクターブラシを1アプリ内で使える

Adobeはすでに「Photoshop Sketch」や「Illustrator Draw」といったiPad向けのドローイングアプリを提供しています。同社が“次世代”とうたうFrescoは、一体どういうものなのでしょうか。

Frescoは、Photoshopのビットマップベースのピクセルブラシ(ラスター)と、拡大縮小自在なベクターブラシを一つのアプリ内で利用できることが、大きな特徴のひとつ。ピクセルブラシで描いたイラストに、ベクターブラシで補足して(レイヤーは分かれます)、最後に統合させることもできます。それぞれを意識せず、スムーズに切り替え・統合することが可能です。

なお、Frescoは、iPadとApple Pencilを活用するお絵かきアプリという位置付け。すでに提供されているDraw(ドロー)とSketch(スケッチ)は、描けるのがベクターかビットマップか、という違いがありますが、この両方の形式にFrescoは対応しているわけです。

ベクターは図形を数式で描画する方法で、ロゴ制作など比較的単純な形を描くのに適した形式。拡大・縮小しても画像が劣化しないのが特徴です。一方ビットマップは、ピクセルごとに色情報を記録する描画方法で、細かく繊細な表現が可能となる一方で、拡大・縮小には対応できません。DrawとSketchでは、それぞれベクターかビットマップか、描くものによって使い分ける必要がありました。

○「ライブブラシ」で色の滲みや重なりをリアルに再現

そしてもう1つの特徴が、お馴染みAdobeの人工知能、Adobe Senseiを活用した、リアルな表現ができる油彩・水彩ブラシです。

水彩ライブブラシでは、色が拡張していく様子や、違う色を重ね合わせたときの色の交じり具合、水によるぼかしや色が薄まった様子などが、ブラシ設定や筆の力の入れ具合が加味された上で、描画されます。色の混ざり方や絵の具量なども設定で調整できます。

また、油彩ライブブラシでは、油絵の具を厚く重ねた立体感やはけ筋、筆致が再現されます。また、色を重ね合わせた表現や、色の混ぜ合わせによって生まれた色のピックアップも可能となっています。水彩・油彩ともに、特に色を重ね合わせたときの描画は圧巻で、全く絵心のない筆者のような人間でも楽しく筆を進められました。

○プロが「Fresco」を使ったらどうなる?

体験会では、Adobe Creative Residency2019のプログラムメンバーで、イラストレーターの福田愛子さんが登壇。Frescoで描いたひまわりのイラストが完成するまでの過程を紹介しました。

○Frescoタッチ&トライ、面白かったポイントは

今回Frescoを実際に試して面白かったポイントは、大きく3つありました。

1つはライブブラシで、水彩、油彩ともに、リアルタイムの絵の具の広がりや重ね合わせの描画が非常にうまくできています。油彩を描いたことはありませんが、実際に水彩で描くときと比べると、特に細い線ではやや機械的な印象もありますが(とはいえブラシ設定を調整すれば解決するポイントと思われます)、普段描かない人間としては、色はこういうふうに滲むのかと楽しみながら、気軽にお絵かきができました。アナログのお絵かきと違い、2本指で画面を叩くとUNDO、3本指で叩くとREDOと、iPadならではの操作性で手軽にやり直しできるのもよかったです。

2つ目はタイムラプス。イラストが完成したら書き出し(保存)ができるのですが、同じ書き出し機能から、タイムラプス動画をAirDropやクラウドストレージに保存できます。AirDropでiOSデバイスに保存すると、自動で「写真」フォルダへ格納され、見返しやすかったです。イラストが出来上がる過程が動画になるのは、それだけで1作品できてしまったかのような印象があり、全く絵心がないのに上手になったと錯覚しそうになりました。

3つ目はFrescoで描いたイラストの保存操作。FrescoがインストールされているiPadへの保存は書き出しから行えますが、きちんと保存操作をせず、描いた後そのままメイン画面へ遷移した場合でも自動でデータが残され、Frescoで再び開いたり、クラウドへ書き出したりすることができます。描いている途中で強制終了したときも、再度起動した後には直前まで描いた内容が反映されており、数日試した限りでは、しまった、保存し忘れた……! という惨事が起きなかった点も、よくできていると感じた点でした。

○Frescoと他アプリとの連携

Frescoは開発初期からクリエイターの意見を取り入れ、製品に反映してきました。モバイル向けのドローイング機器が普及するなかで、プロの需要を満たし、かつ一般の人も使いやすいドローイングアプリを作ろうという目的で開発が進んだといいます。

Adobeは、デスクトップ向けのPhotoshopを“機能のハブ”的な存在に位置づけるといいます。Photoshopを起点とし、各機能を単体のモバイルアプリとして独立させていく構想です。たとえば、ドロー&ペイントアプリとして独立したFrescoでは、作った作品を後からPhotoshopで読み取って仕上げられます。ただし逆はできず、例えばPhotoshopやIllustratorで作った作品をFrescoで編集することはできません。

しかしFrescoでは、これまでPhotoshopで使ってきたブラシを活用できるのも大きな魅力です。もちろん、AdobeがPhotoshop用に公開しているブラシのダウンロードも可能で、この「ブラシのエコシステム」も、Frescoの特徴のひとつに挙げられるでしょう。

Frescoを使って完成したイラストは、PNG、JPG(高画質・中画質・低画質)、PSD、PDFで保存でき、AirDropやクラウドストレージでの保存・共有にも対応します。描き始めから描き終わりまでを.mov形式の短縮動画で記録するタイムラプス機能も標準装備。制作過程を簡単に記録することができます。

現時点での対応OSはiOS 12.4以降、対応iPadはiPad Pro(全モデル)、iPad Air(第3世代)、iPad(第5および第6世代)、iPad mini(第5世代)となっています。とはいえ今後、例えばSurfaceやワコムタブレットなど、他のタッチ操作デバイスに対応したバージョンもリリース予定とのこと。

正式リリースは2019年後半。公式ページでは、Frescoのプレリリースへの登録も受け付けています。興味を持った方は登録してみてはいかがでしょうか。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アプリカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
シチズン製スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」基本機能を使いこなす
Googleの無料オフライン写真管理アプリ「Gallery Go」発表、Googleフォトの軽量版
  • このエントリーをはてなブックマークに追加