車内から男性の遺体 雪でふさがれ一酸化炭素中毒か

車内から男性の遺体 雪でふさがれ一酸化炭素中毒か

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/13
No image

動画を見る(元記事へ)

富山県で、雪が積もった駐車場に止まっていた車の中で男性が死亡しているのが見つかりました。雪でマフラーがふさがれて一酸化炭素中毒になった疑いがあるということです。

警察によりますと、12日午後2時半すぎ、富山県射水市にあるアルミ加工会社の駐車場にエンジンが掛かったまま止まっていた車の中で、この会社の嘱託職員・石田升栄さん(60)が死亡しているのが見つかったということです。目立った外傷はありませんでした。当時、現場周辺では、前日からの大雪で70センチ以上の積雪がありました。警察は、雪でマフラーがふさがれて排気ガスが逆流し、一酸化炭素中毒で死亡した疑いもあるとみて調べています。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「不要不急の外出は控えて」国土交通省が大雪で緊急発表...24時間体制で対応
正社員・非正規の待遇の差が明らかに! 「年賀はがき販売成績1位が非正規で2位の正社員に海外旅行贈呈」のツイートに日本郵便への批判集まる
「関東連合」元幹部、“AV女優と交際”で恐喝未遂か
大雪 首都圏で帰宅困難者多数出るおそれ 早く帰宅を
都心の雪 いつどれくらい 気象予報士・山口津香沙
  • このエントリーをはてなブックマークに追加