テリー伊藤、逮捕の清水容疑者に「芸能界以外で生きる道を」

テリー伊藤、逮捕の清水容疑者に「芸能界以外で生きる道を」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/10/14

演出家でタレント、テリー伊藤(67)が13日、金曜レギュラーを務めるTBS系「白熱ライブ ビビット」(月〜金曜前8・0)に出演。ものまねタレント、清水アキラ(63)の三男で、覚せい剤取締法違反(使用)の疑いで11日に逮捕された俳優、清水良太郎容疑者(29)についてコメントした。

番組では良太郎容疑者の父・アキラが12日夜、東京都内の自宅前で涙を流しながら謝罪した会見の様子などを放送した。

女性からの110番通報で事件が発覚したことについて、テリーは「池袋で女性を呼んで、初めて会った女性にそういう薬を飲ませるって、ものすごく警戒心ないでしょ」と指摘。「見も知らずの人に薬を飲ませて、それで発覚したっていうんですけど、本当に今回が初めてなのかな。普通はこういうのって警戒するから、一人でやるか、信頼ある人としかやらないですよ」と私見を述べた。

さらに「こういうことで一番傷つくのは奥さんですよ」と話し、「彼はこれから復帰することとはまた別に、奥さんの気持ちをどういうふうに守るか。もしかしたら離婚させられるかも分からない。そんなのは逆に覚悟。だって、まだ(生まれて)1年もたってないわけでしょ、お子さんも」と良太郎容疑者の妻を思いやった。

良太郎容疑者の今後については、「芸能界戻ってきたらまたやります。だから芸能界以外で生きる道を考える、それぐらいの気持ちを持たないと。僕は何度も見てますよ。芸能界戻ってきて、またやっちゃったっていうのを。特に覚醒剤ってそんな甘くないですよ」と薬物の恐ろしさを指摘し、「最終的には彼一人の問題ですけど、そこもしっかりやって、周りの人にこれ以上迷惑かけてほしくないと思うね」と、しんみりと話した。

良太郎容疑者は覚せい剤取締法違反(使用)で警視庁目白署に逮捕されていたことが12日、判明。同署によると、10日午後1時40分ごろ、東京・池袋のホテルで風俗嬢から「薬物を飲まされた」と110番通報があり、尿から覚醒剤の陽性反応が出たため、11日に逮捕された。当初は容疑を否認していたが、12日に認めた。2月に違法カジノ店への出入り疑惑を報じられてから8カ月、薬物に手を染めた形だ。

No image

テリー伊藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
安田大・クロちゃん 南キャン山里「不毛な議論」で「しん」連呼、「カオス」「神回」
“今、一番脱げるシンガーソングライター”藤田恵名が事務所移籍
16歳で出産した女子高生、整形女性器公開に続き“アナルプレイ”配信! 「最悪のリアリティスター」の声
ベッキー、「当然のような態度」でアンガ田中との交際を拒絶して批判殺到!
やる気ゼロ「おかげでした」出演の筧美和子に批判集中
  • このエントリーをはてなブックマークに追加