羽生結弦 3度目の公式練習は軽めの調整 SPを意識しての滑り

羽生結弦 3度目の公式練習は軽めの調整 SPを意識しての滑り

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/02/15

右足首の負傷から復活を期すフィギュアスケート男子の羽生結弦(23=ANA)が14日、江陵アイスアリーナのサブリンクで、韓国入り後3度目の公式練習に参加した。

No image

サブリンクで練習する羽生結弦(撮影・小海途 良幹)

16日に行われるショートプログラム(SP)を意識して滑り、ジャンプは計4本跳んだ。トリプルアクセル(3回転半)と4回転―3回転の連続トーループを着氷。4回転サルコーは2度跳んで、1回は成功、1回は転倒した。前日は4回転ジャンプ計5本に成功するなど計21本のジャンプを精力的に跳んだが、この日は軽めの調整だった。

団体戦の男子SPで1位となった宇野昌磨(トヨタ自動車)はループなどの4回転ジャンプに着氷し、調子の良さをうかがわせた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キム・ヨナさん、平昌五輪で1億円稼ぐ?―中国メディア
羽生選手、連日各局の取材攻め 失礼な質問を逆手に名を上げたアナウンサーとは
アイスダンスで仏代表の衣装はだける、選手は「悪夢」と涙 平昌五輪
韓国脱げずにフランス脱げた「最悪の悪夢が起きた」
フィギュア・アイスダンスの韓国ペア、衣装はだけるハプニング<平昌五輪>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加