間もなく登場するスバル「クロストレック(XV)」のプラグイン・ハイブリッド、電気のみによる航続距離が明らかに

  • autoblog
  • 更新日:2018/11/20
No image

スバル初のプラグイン・ハイブリッドが誕生する。それも、もうすぐだ。すでに2018年の終わりに差し掛かっているが、2019年型スバル「クロストレック・ハイブリッド」はゴールデンタイムを迎える準備がほぼ整っている。先代の「クロストレック XV ハイブリッド」と違って今回は充電プラグ付きだが、車名に"プラグイン"という言葉は付かない。このプラグイン・ハイブリッド技術は、提携を結ぶトヨタから提供を受けるものだ。我々は間もなく登場するスバルの新型クロストレック・ハイブリッドに関するカリフォルニア大気資源局(CARB)の文書を入手した。

この文書(PDFでこちらから閲覧可能)によると、CARBはアーバン・ダイナモメーター・ドライビング・スケジュール(UDDS)において、クロストレック・ハイブリッドの電気のみによる航続距離を25.650マイル(約41.28km)、高速道路では21.900マイル(約35.24km)と評価した。ちなみに同車とプラグイン・ハイブリッド技術を共有するトヨタ「プリウス プライム」(日本名:プリウス PHV)の電気のみによる航続距離は、EPA(米国環境保護庁)による推定値(直接比較はできないが参考までに)で25マイル(約40.23km)となっている。

このクロストレックにはスバルの2.0リッター水平対向4気筒ガソリン・エンジンが使われるが、そのサイズ、高めの最低地上高、全輪駆動システムの搭載にも関わらず、プリウス プライムと比べても電気のみによる航続距離はそれほど変わらないようだ。クロストレック・ハイブリッドの詳細がまだ不明であるため、その理由は明確ではなく、今のところ上の数値については懐疑的にならざるを得ない。もちろん、CARBの評価値は、これから明らかになるメーカーの公表値とは異なる可能性もあるし、最終的な比較は同じ条件によるEPAの推定値が発表されるのを待たなければならない。あるいは単純に、スバルはプリウス プライムの8.8kWhよりも大容量のバッテリーを搭載しているのかもしれない。

スバルの新型クロストレック・ハイブリッドは年内に正式発表される予定だ。その時にはもっと多くの情報が得られるだろう。

By JOHN BELTZ SNYDER

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【Amazonサイバーマンデー速報】みんなはセールでなに買った? ライフハッカー読者が週末に購入したものランキング
実は使いこなせていない人がほとんど!覚えておきたいGoogle翻訳の超便利な使い方
【Amazon サイバーマンデー】タイムセールで80%以上オフも! 2,000円台の多機能スマートウォッチやサンワダイレクトのケーブル収納ボックスがお買い得に
【Amazon サイバーマンデー】タイムセールで80%以上オフも! 蓄熱発熱あったか掛け布団や二重編みの冷えとり靴下がお買い得に
2018秋冬スマホは高価格モデルが豊作!長く大切に使いたいプレミアムスマホ5選
  • このエントリーをはてなブックマークに追加