Homecomings、究極の片思い描いた映画「愛がなんだ」主題歌担当

Homecomings、究極の片思い描いた映画「愛がなんだ」主題歌担当

  • 音楽ナタリー
  • 更新日:2019/02/05

Homecomingsが4月19日公開の映画「愛がなんだ」の主題歌を担当する。

No image

Homecomings

すべての画像・動画を見る(全4件)

No image

「愛がなんだ」は平凡なOL・テルコの“究極の片思い”を描いた角田光代の小説を、今泉力哉監督が実写化したもの。主演を岸井ゆきのが務めるほか、成田凌深川麻衣若葉竜也江口のりこらが出演者として名を連ねている。Homecomingsは主題歌「Cakes」を提供。同曲についてメンバーは「私の歌でも僕の歌でもないし、君の歌でもないけれど、マモちゃんにとってもテルコにとっても、ナカハラくんにも葉子にも、それがまるで自分のことのように思える歌にしたかったのです」とコメントしている。YouTubeでは「Cakes」を使用した映画の予告編が公開中。

また「Cakes」がシングルとして4月17日にリリースされることも決定した。シングルには「Cakes」を含めた4曲入りのCDに、昨年12月に東京・渋谷CLUB QUATTROにて行われたライブツアー「『LETTER FROM WHALE LIVING』TOUR」の最終公演の映像を収めたDVDが付属する。

本作の発売を記念して、Homecomingsは4月20日に東京・東京キネマ倶楽部、26日に大阪・umeda TRADにて自主企画イベント「SLOW SUMMITS」を開催する。当日は通常のバンドセットに加えて、ストリングス隊を迎えたHomecomings Chamber Setでの演奏も披露される。バンドのオフィシャルサイトでは2月12日23:59までチケットの先行予約を受付中。

Homecomings コメント

こんな風にまどろっこしくて愛おしくて、なんだかかっこ悪いけど人ごとじゃないような恋を二時間ちょっとの映画の中に収められるのは今泉監督だけなんじゃないかな、と思いました。
私の歌でも僕の歌でもないし、君の歌でもないけれど、マモちゃんにとってもテルコにとっても、ナカハラくんにも葉子にも、それがまるで自分のことのように思える歌にしたかったのです。

Homecomings「SLOW SUMMITS」

2019年4月20日(土)東京都 東京キネマ倶楽部
2019年4月26日(金)大阪府 umeda TRAD

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
花澤香菜、AL『ココベース』ひっさげオールナイトニッポンに登場
“TWICE妹分”「ITZY」、 デビューシングルのトラックリストを公開!
家入レオ、4・17新アルバム『DUO』 女性限定ライブ映像収録盤も
19施設すべて無料!天皇陛下御在位三十年を記念して東京都が庭園・文化施設等を無料開放!
柏木由紀、ツインテール姿に反響「なんという破壊力」「あざとい確信犯」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加