スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、急病で来日公演中止 出演フェスも中止

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/09/14

米国の伝説的なロックバンド「スティーリー・ダン」の中心メンバー、ドナルド・フェイゲンが、今月下旬に予定していたソロ来日公演を急病のため中止することが14日、招聘(しょうへい)元のクリエティブマンプロダクションの公式サイトで発表された。

フェイゲンは20日に大阪、22日に名古屋で「ドナルド・フェイゲン&ザ・ナイトフライヤーズ」としてソロでは初の日本公演を行い、23、24日には横浜で開催予定の「Blue Note JAZZ FESTIVAL in JAPAN 2017」のヘッドライナーを務める予定だった。ソロ公演、ブルーノートフェスとも中止となる。

スティーリー・ダンはもう一人の中心メンバー、ウォルター・ベッカーさんが今月3日に67歳で死去している。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
舞台版『おそ松さん』第2弾、大阪・東京で上演 6つ子/F6キャストは続投
「ワンパンマン」第2期の監督は櫻井親良、制作はJ.C.STAFFが担当
KenKen、PS4新作タイトル紹介映像曲をプロデュース。BiSHアイナ、鎮座DOPENESSも参加
paionia、4年ぶりの音源に元plenty中村参加
世界で活躍するアーティストたちの「ドラえもん」が集結!六本木で「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加