木村拓哉のドラマは“視聴率30%”が当たり前、重圧に耐えられず脚本家失踪の過去

木村拓哉のドラマは“視聴率30%”が当たり前、重圧に耐えられず脚本家失踪の過去

  • 週刊女性PRIME
  • 更新日:2019/12/03

令和初ドラマ『グランメゾン東京』が高評価を得ている木村拓哉(47)。これまで、『ロングバケーション』や『ビューティフルライフ』など数々のドラマを社会現象化させてきたが、今だから話せる、ドラマ『HERO』の現場での“撮影秘話”を取材してみると──。

木村拓哉
 身にまとうのは、くたびれたジーンズに、茶色のダウンジャケット。検事らしからぬ飄々とした人柄で、お決まりの挨拶は“よろしこ!”──。【写真】

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加