丼めしに!冷奴に!ザーサイのちょっと新しい食べ方「ザーサイ肉みそ」

丼めしに!冷奴に!ザーサイのちょっと新しい食べ方「ザーサイ肉みそ」

  • メシ通
  • 更新日:2017/09/26
No image

こんにちは、料理研究家のエダジュンです。

本日は、ときどき無性に食べたくなるザーサイに、ひき肉&パクチーをたっぷりあわせた「肉みそ」を紹介します。濃厚な肉の味わいはもちろん、ザーサイの食感と、パクチーの風味がたまらない、ごはんがすすんでしまう肉みそです。

今回は白ごはんにのせて丼にしましたが、焼きそばにのせたり、冷奴のトッピングにしたりと万能な一品。作り置きにも便利なので、ぜひ作ってみてください!

エダジュンの「パクチーとザーサイの肉みそ丼」 【材料】(作りやすい量) 豚ひき肉 200g パクチー 1株 ザーサイ(瓶詰め) 20g ねぎ 5cm(20g) ごま油 小さじ2 ごはん 適量

(A)

みそ 大さじ1と1/2 砂糖、しょうゆ 小さじ1

作り方

No image

1. パクチー、ザーサイ、ねぎはみじん切りにする。

No image

2. フライパンにごま油をひき、中火でねぎを炒める。ねぎがしんなりとしてきたら、豚ひき肉、ザーサイをヘラなどでそぼろ状になるように炒める。

No image

3. 半分ほど火が入ったら、(A)を入れて、全体を炒めて味つけし、パクチーを入れて火を止め、余熱で火を通す。

No image

どんぶりにごはんを盛り、肉みそをのせる。

白ごはん!冷奴!やきそば!何にでも合うジューシー肉みそ参上

No image

肉みそはこってりとした味わいがおいしいのですが、パクチーを入れるとあっさりとひと味変化をしてくれるので、いつもの肉みそとはまた違った楽しみが! 最後に余熱で火を通すことで、パクチーの風味をしっかりといかします。

冷蔵庫で4~5日の目安で保存できますので、ぜひ作ってみてください。

作った人:管理栄養士 エダジュン

No image

パクチー料理研究家・管理栄養士。株式会社スマイルズに入社。SoupStockTokyoの本社業務に携わり、2013年に独立。家で作れるエスニック料理とパクチーを使ったレシピを研究中。「料理にやっちゃいけないことはない」がモットー。最新刊、野菜たっぷりのつくりおきレシピを集めた「エスニックつくりおき」(PARCO出版)が好評発売中。

ブログ:パクチー料理研究家 エダジュン「パクチーに恋して」 Instagram:@edajun レシピブログ:管理栄養士 エダジュンさんのmyレシピブック

過去記事も読む

企画協力:レシピブログ

No image

テレビや雑誌で活躍する人気ブロガーをはじめ16,000名のお料理ブロガーが参加する日本最大級のお料理ブログのポータルサイト。毎日のおかずや弁当、お菓子など90万件のお料理レシピを無料で検索できる。

ホームページ:レシピブログ Instagram:@cookingram.jp Facebook:@comu.recipeblog

※この記事は2017年9月の情報です。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

レシピカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
不器用さんでもOK!これなら作れる「簡単ハロウィンアイデア」
コーヒー好きにはうれしい!「コーヒーダイエット」とは?
新感覚! シフォンのように軽やかな「ホイップパウンドケーキ」に夢中♪
熱湯かけてあえるだけ! 「無限湯通しキャベツ」がおいしすぎ
ビビンバ・タコライス・彩りジャージャーがすぐできる永谷園「のっけごはん」作ってみたレビュー、ひき肉と野菜を炒めて混ぜてご飯にのせるだけ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加