殺し屋はまさかのPerfumeファン!?SABU監督最新作『Mr.Long/ミスター・ロン』

殺し屋はまさかのPerfumeファン!?SABU監督最新作『Mr.Long/ミスター・ロン』

  • シネマズ
  • 更新日:2017/10/13
No image

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

第67回ベルリン国際映画祭コンペティション部門に出品され、熱烈なスタンディングオベーションで迎えられた、話題作『Mr.Long/ミスター・ロン』が12月16日(土)より新宿武蔵野館ほかにて公開される。

このニュースのポイント

・第67回ベルリン国際映画祭でスタンディングオベーションで迎えられた『Mr.Long/ミスター・ロン』・東京国際映画祭のレッドカーペットに主演のチャン・チェンが登場・チャン・チェン演じる殺し屋ロンはまさかのPerfumeファン!?

主人公のロンを演じるのは『牯嶺街少年殺人事件』の主演で人気を博し、『グリーン・デスティニー』『レッド・ クリフ』などに出演し、アート系からハリウッド大作まで幅広く活躍している、アジアを代表する俳優チャン・チェン。

心を閉ざした少年ジュンを演じるのは、オーディションを勝ち抜き今後の活躍が期待されるバイ・ルンイン。ジュンの母リリーを演じるのは中国のテレビドラマなどで活躍しているイレブン・ヤオ。そしてリリーの過去の恋人・賢次を、『たたら侍』にて主演を務めた劇団EXILEの青柳翔が演じる。

監督は『弾丸ランナー』にて衝撃のデビューを飾り、その後も『アンラッキー・モンキー』『MONDAY』『蟹工船』『天の茶助』などを手掛け、 ベルリン国際映画祭常連のSABUが務める。

台湾の腕利きの殺し屋“ロン”が日本での任務に失敗し、追われた先の村で少年ジュンと母リリー、そしてちょっと変わった村人たちと出会い、徐々に人間らしさを取り戻すハートウォーミングバイオレンスストーリー。

そしてこの度、チャン・チェンの来日が決定! 第30回東京国際映画祭のレッドカーペットに登場する。さらに10月27日(金)には 六本木アリーナにて特別イベントと舞台挨拶つき上映を開催。映画ファンには見逃せない1日となるだろう。

また、あわせてポスタービジュアルも解禁された。本作にて重要な役割を担う牛肉麺(ニュウロウミェン)の屋台に寄りかかり、眉間に皺を寄せて睨みを利かせるチャン・チェン。その隣には不貞腐れた表情で腰を掛けるバイ・ルンインの姿も。

No image

Ⓒ2017 LiVEMAX FILM / HIGH BROW CINEMA

お互い仏頂面をしているが、隣り合ったその距離がどこか信頼感を感じさせ、不器用で感情表現が苦手な2人の絆を思わせるビジュアルとなっている。そしてチャン・ チェンの胸にはあの有名アーティスト“PERFUME”の文字が! 腕利きで冷酷な殺し屋ロンはまさかの“PERFUME”ファンなのか!? その真相はぜひとも劇場で確認して頂きたい。

【STORY】ナイフの達人・殺し屋ロン。東京、六本木にいる台湾マフィアを殺す仕事を請け負うが失敗。北関東のとある田舎町へと逃れる。日本語がまったくわからない中、少年ジュンやその母で台湾人のリリーと出会い、世話好きの住民の人情に触れるうちに、牛肉麺 (ニュウロウミェン)の屋台で腕を振ることになる。屋台は思いがけず行列店となるが、やがてそこにヤクザの手が迫る…

『Mr.Long/ミスター・ロン』は12月16日(土)より、新宿武蔵野館ほか全国順次公開。

関連記事

キアヌ・リーブスの新たな代表作!孤高の殺し屋、ジョン・ウィック再び。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
沢尻エリカ、久々に絶叫 映画『不能犯』で松坂桃李に弄ばれる
ホーキング博士1966年の博士論文が公開。「人々が星空を見上げ、我々の居場所について考える機会に」
元SMAP 全国公開も決定!来春“新作映画”の気になる中身
元SMAP3人「新しい地図」の契約が億超え、大ブレイクへ!? ジャニーズの妨害を華麗にスルーする“秘策”が見つかる!
ハリソン・フォード「興味深い」35年ぶり続編出演
  • このエントリーをはてなブックマークに追加