IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始

IoTを活用した燃料給油サービス、アクティオが今秋より開始

  • レスポンス
  • 更新日:2019/05/26
No image

アクティオの燃料給油サービス

もっと画像を見る
総合建設機械レンタル業のアクティオは、IoTを活用し、発電機等へ手間要らずで燃料給油できる「アクティオ燃料給油サービス」を2019年秋頃から本格稼働すると発表した。

現在、建設業界では、人手不足が喫緊の課題となっている。2000年から10年間で土木作業者や建設技術者の約40%が減少、2025年までに100万人規模の離職が懸念されている一方で、大規模工事や再開発の建設から、バブル期に建設された建物などのメンテナンスや修繕工事など多くの需要が見込まれている。

アクティオでは、課題解決策のひとつとして、IoTを活用した燃料給油サービスを展開していく。同サービスでは、発電機などに設置したIoTデバイスが燃料残量低下をIoTプラットフォームに送信。これを現場監督とアクティオに通知。アクティオは現場監督に確認後、ガソリンスタンドなど燃料サプライヤーに配送を指示、該当する発電機などに給油を行う。

アクティオでは、機械のIoT化を推進し、あらゆる機械にデバイスを取り付け、機械の情報をクラウド上で把握できるようにする、現場の見える化を支援していく。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パソコンやスマホから固定電話番号で通話 国内初
転職に失敗したシニア、そのわけは 華麗なる業態転換も収入ゼロに
都道府県魅力度「上昇率」ランキング!3位宮崎、2位群馬、1位は?
もはや二輪車!最大時速48kmの強力電動アシスト自転車「SMUG Cycles」がやって来た
味の素が"16時半退社"の次に目指すもの
  • このエントリーをはてなブックマークに追加